人気ニュースサイトはSEOで人が集まっているのか

SEOの最も重要なポイントはやっぱりコンテンツですね。
魅力あるコンテンツと良くいいますが、魅力あるコンテンツとはリピーターの多いテーマを扱っていたり、飽きの来ないテーマやエントリーなどの独自性を持っていたりするコンテンツです。

人気のあるサイト、アクセス数の多いサイトを隈なく見てみると、何度も訪問したくなる作り方というのが、なんとなくわかってくるものです。


“人気ニュースサイトはSEOで人が集まっているのか” の詳細は »

タイトルとH1の記述が全く同じでもお咎めなし

hタグは皆さんがSEOを語るにあたって、どう考えているでしょうか。
最近ではhタグの評価は薄れてきているという情報も確かに存在しますし、逆にh1タグ以外は捨ててもかまわないといった乱暴な情報まであります。

hタグは見出しであり、タイトルタグに記されたキーワードをテーマにコンテンツを組み立てていく上で、重要なタグであることは間違いありません。


“タイトルとH1の記述が全く同じでもお咎めなし” の詳細は »

SEO的にはどうですかという質問に違和感を感じる件

SEO的な効果はどうですか?
という問われ方をよくされると思いますけど、このような言い方をする人はほぼSEOをわかっていないケースがほとんどです。
逆に「あなたはどう思われますか」と問うと、ほとんどの人は「SEO的に有利(不利)だと思います」って答えるんですよね。

このSEO的にという捉え方はいったいどこを指しているのかを考えてみるのもおもしろいものです。


“SEO的にはどうですかという質問に違和感を感じる件” の詳細は »

原因療法の必要なWEBサイトにSEO診断はどこまで出来るのか

サイトの目利きは難しいです。
SEO診断なるサービスを提供しているSEO会社がありますが、このサービスには、WEBサイトの集客や成約が芳しくないWEB担当者などが申し込むことになるかと思います。

WEBサイトを所有していないと意味のないサービスですからね。
SEO診断ではSEOの観点からどうすれば集客や成約に結びつくかが書かれていればいいのですが・・。


“原因療法の必要なWEBサイトにSEO診断はどこまで出来るのか” の詳細は »

 

強調タグでもstrongタグとbタグではどう使い分けたらいいのか

強調を意味するタグと言えばストロングタグ(<strong>)ですが、もうほとんどSEOによる効果は無いと考えても良いでしょう。

しかし、ストロングタグで囲ったテキストはBOLD表示されるので、コンテンツの中で目立たせたいテキスト、つまりはキーワードやキーフレーズに対して視線を集めたい場合には有効なタグです。

コンテンツの中の全てのキーワードやキーフレーズを囲うのではなく、文章の流れを考えて、ここという部分を強調します。


“強調タグでもstrongタグとbタグではどう使い分けたらいいのか” の詳細は »

完璧なSEOを求める必要はないことを知ったある番組とは

漫画家は今では立派な職業という認識をされています。
NHKでも「スラムダンク」「バガボンド」の代表作を有する井上雄彦氏にスポット当てた特集かせ組まれていました。

漫画家の日常は非常に地味で、常に締め切りに終われ、労働時間も長い過酷な現場が映し出されていましたが、SEOの現場もそれに近いものを感じたSEO関係者もいたのではないでしょうか。


“完璧なSEOを求める必要はないことを知ったある番組とは” の詳細は »

 

ネットビジネスに対する持論を曲げない見込み客の対応について

サイト制作のカウンセリングをしていると、必ずと言っていいほど、身の丈以上のものを要求してくることが多いですね。

中小企業の経営者はほとんど大企業や有名ポータルサイトを例に上げて、WEBサイトにおける持論を展開します。
WEBサイトの所有や運営の経験も無いにもかかわらず、その道のプロに対して頼まれもしないのにレクチャーをしてくれるのです。

これではせっかくのチャンスを自ら潰してしまいます。


“ネットビジネスに対する持論を曲げない見込み客の対応について” の詳細は »

ブログやWEBサイトに時間をかければいいというものではない

100記事100相互リンクを合言葉に、ブログでのアフィリエイトやSEOを学ぶということを販売していたグループがあったというウワサをキャッチしましたので、これについて語ってみたいと思います。

もう今は、販売を停止しているとは思いますが、相当の数の人が購入したそうです。
「学ぶ」ために数万円を捻出したのです。


“ブログやWEBサイトに時間をかければいいというものではない” の詳細は »

 

SEOの被リンクサービスが未だにプレスリリースされる理由

リンク提供サービスは信用していいのかどうか、悩むところですよね。
被リンクはSEOにとっても非常に重要なファクターですし、何より被リンクを得ることの難しさがあるからこそ、被リンクのサービスが多くあるわけです。

プレスリリースでは次々とリンクサービスが出てきますが、有料リンクがもはや嫌われてきている現状で、いったい何を目的に被リンクサービスを提供するのかを考えてみます。


“SEOの被リンクサービスが未だにプレスリリースされる理由” の詳細は »

ライバルサイトを蹴落とすための黒魔術は使うべきか否か

競合サイトの検索ランキングを蹴落とす方法として、雑多なウェブサイトを作成して、大量のリンクを送り込むというものがありますが、これを実証したことはもちろんありませんので、都市伝説としてお話したいと思います。

所有サイトを使って実験するに値しないことなので、「お話」としてエントリーしますね。


“ライバルサイトを蹴落とすための黒魔術は使うべきか否か” の詳細は »