米国には検索クロールのためのスタートサイトを選択する理論があるらしい

単純な疑問が浮かんでいます。
SEOでは、ウェブサイトのクロールのし易さが、全ページインデクスを可能にします。

このクローラーですが、インターネット上のSEO記事では、どういう役割をするのかの説明はあれど、肝心なことには触れられていません。

せいぜい、クローラーの確認の仕方やどの検索エンジンのボットなのかを見る方法などに触れる程度ですよね。


“米国には検索クロールのためのスタートサイトを選択する理論があるらしい” の詳細は »

日本の検索市場が変わればSEOサービスも新たなビジネスチャンス到来か

日本の検索エンジン事情は、YahooとGoogleがほぼ互角に競っていましたが、米ヤフーがマイクロソフトと提携して、YSTからBingへの乗り換えが規定路線ではありましたが、日本のヤフーサイドは、そうは考えていなかったようですね。

Bingの先行き不透明さに、危機感を感じたのか、米Googleとの提携を発表しました。


“日本の検索市場が変わればSEOサービスも新たなビジネスチャンス到来か” の詳細は »

ブログのキーワードタグについては日米のSEOエキスパートのエントリーは多くない

ブログにはタグが付き物ですね。
このタグの効能や利用方法について、あまり深く掘り下げられていないのは、なぜなんでしょう?

今更説明する必要も無いということなんですかね?
では、SEOの観点からブログタグの効能については、いかがなもんでしょうか。


“ブログのキーワードタグについては日米のSEOエキスパートのエントリーは多くない” の詳細は »

実用的でないSEO知識がウェブサイト運営のネックになっていませんか?

SEOは時間もお金もかかるんです。
もう、いきなり結論から言ってしまいました(汗)
理由はですね、検索エンジンは生き物だからです。

検索エンジンは絶えず進化しているということは、もはや常識なのですが、これは我々SEOエキスパート側の理論であるので、これを理由にSEO導入をすすめるつもりは毛頭ありません。


“実用的でないSEO知識がウェブサイト運営のネックになっていませんか?” の詳細は »

 

1ページ1アクションの法則と入力の負担の軽減

不必要な情報を取得するリスクを考えてみます。
資料請求やお問合せを受け付ける際に、申込者についての情報を取りますが、アンケートが付いているとレスポンスが悪くなる傾向がありますね。

アンケートはアンケート、資料請求は資料請求、問合せは問合せと1ページ1アクションが原則ですね。
その他、不必要な情報とはどんなものがあるでしょうか。


“1ページ1アクションの法則と入力の負担の軽減” の詳細は »

アクションを起こす行動の方法が多岐にわたるメリット

ターゲットがアクションして欲しいことは、WEBサイト上ではひとつに絞ることが大切ですが、アクションのための方法は多ければ多いほどコンバージョン率のアップに繋がります。

“アクションを起こす行動の方法が多岐にわたるメリット” の詳細は »

 

ビジネスサイトの信頼性をグッと上げるパーツとは

WEBサイトの信頼性をグッと上げる効果がある顔写真。

顔写真はビジネスサイトには必須です。
恥ずかしいなどという問題ではなく、絶対に載せるものです、と断言してもいいでしょう。

顔写真が恥ずかしいと言うのなら、プロに撮影してもらってでも掲載して欲しいと思いますね。


“ビジネスサイトの信頼性をグッと上げるパーツとは” の詳細は »

アクセスやコンバージョンを上昇させるテクニックのひとつ

アクセスやコンバージョンを上昇させるテクニックのひとつに、USPを考えて公開する方法があります。

USPはユニーク・セリング・プロポジションの略で、企業や製品をPRするためのキャッチコピーのようなものです。
他社との違い、特徴、優位な点を手短に伝えることのできる魔法のコトバと言ってもいいでしょう。

有名なUSPは「30分でお届けします」というやつですね。


“アクセスやコンバージョンを上昇させるテクニックのひとつ” の詳細は »

 

CPAはリスティング広告だけの指標ではない

CPAの概念を持たないSEO会社やSEOエキスパートは、今後はコストに対する意識の低さを指摘されるに違いありません。

SEOサービスに不満を抱いているWEB担当者のほとんどは、料金体系の不透明さを指摘しています。
これはサービス料金に対して満足度が低いという結果と捉えるべきでしょうね。

もちろん、料金設定の説明基準があいまいな部分がありすぎるということなのですが、CPAの概念を持っていないことも問題です。


“CPAはリスティング広告だけの指標ではない” の詳細は »

ライフタイムバリューを見越したSEOを提案できるかが勝負

SEOのゴールは製品やサービスの成約率を高めて売上げに貢献することですが、数値目標をクライアントと打ち合わせる際は、単なる御用聞きでは、SEOエキスパートとしてはこれからは生き残れません。

効果測定をすることが多い仕事ですから、それぞれの基準というものを設定します。
基準の割り出し方は、ライフタイムバリューが基本です。


“ライフタイムバリューを見越したSEOを提案できるかが勝負” の詳細は »