テクニック

バックリンクのIP分散がSEOに本当に有効なのか

SEOのIP分散論が叫ばれていたころに、重宝されていたのが、海外のサーバーやブログでした。

海外の無料ブログや無料ホスティングのリンク集サイトは、非常にアクセスが多かったと思います。
確かに海外サイトは、無料ホスティングサービスはかなり多くて、しかも機能も充実過ぎるぐらい充実しており、日本のホスティングサービスの高額さを痛感することはあります。

しかも、ドメインも提供してくれる無料ホスティングもあります。


“バックリンクのIP分散がSEOに本当に有効なのか” の詳細は »

方言を利用したSEOは旅行の成約に一役買うのか

エントリーを方言に変換するツールがあります。
これは一体、どんなときに使うのかを考えてみたのですが、ビジネスのエントリーには使えないですし、せいぜい面白半分に日記ブログに投稿するぐらいなのかなと思います。

そもそも、方言を検索キーワードとして入力するシーンはどういったときでしょうか。
沖縄旅行の下準備として沖縄の言葉を勉強する人もいるかもしれないですね。


“方言を利用したSEOは旅行の成約に一役買うのか” の詳細は »

最強のSEO集団が存在するとしたら何を学ぶべきか

最強SEO集団に会ってみたいと思いませんか?
SEOの世界はまだ表に出るほどメジャーではありませんが、SEOに強い人はこの日本にもたくさんいます。

最強のSEOスキルを有する人はどのような作業ぶりなのかを垣間見るには、難関キーワードと呼ばれるキーワードの上位10サイトを見てみると、おぼろげながら想像できると思います。


“最強のSEO集団が存在するとしたら何を学ぶべきか” の詳細は »

チーム・マイナス6%に参加して被リンクと環境問題を

日本で最もページランクの高いサイトは何のサイトでしょうか。
Yahooと答えた方は残念でした。

ページランクはGoogleの開発したリンクに対する独自の指標で、SEOそのものの評価を示すものではありませんが、リンクに関する品質を見るものと考えると、ある程度のサイトの良質さが認識できるものとなっています。

さて、正解は何のサイトでしょうか。


“チーム・マイナス6%に参加して被リンクと環境問題を” の詳細は »

 

タイトルとH1の記述が全く同じでもお咎めなし

hタグは皆さんがSEOを語るにあたって、どう考えているでしょうか。
最近ではhタグの評価は薄れてきているという情報も確かに存在しますし、逆にh1タグ以外は捨ててもかまわないといった乱暴な情報まであります。

hタグは見出しであり、タイトルタグに記されたキーワードをテーマにコンテンツを組み立てていく上で、重要なタグであることは間違いありません。


“タイトルとH1の記述が全く同じでもお咎めなし” の詳細は »

強調タグでもstrongタグとbタグではどう使い分けたらいいのか

強調を意味するタグと言えばストロングタグ(<strong>)ですが、もうほとんどSEOによる効果は無いと考えても良いでしょう。

しかし、ストロングタグで囲ったテキストはBOLD表示されるので、コンテンツの中で目立たせたいテキスト、つまりはキーワードやキーフレーズに対して視線を集めたい場合には有効なタグです。

コンテンツの中の全てのキーワードやキーフレーズを囲うのではなく、文章の流れを考えて、ここという部分を強調します。


“強調タグでもstrongタグとbタグではどう使い分けたらいいのか” の詳細は »

 

ビジネスサイトの信頼性をグッと上げるパーツとは

WEBサイトの信頼性をグッと上げる効果がある顔写真。

顔写真はビジネスサイトには必須です。
恥ずかしいなどという問題ではなく、絶対に載せるものです、と断言してもいいでしょう。

顔写真が恥ずかしいと言うのなら、プロに撮影してもらってでも掲載して欲しいと思いますね。


“ビジネスサイトの信頼性をグッと上げるパーツとは” の詳細は »

 

アクセスやコンバージョンを上昇させるテクニックのひとつ

アクセスやコンバージョンを上昇させるテクニックのひとつに、USPを考えて公開する方法があります。

USPはユニーク・セリング・プロポジションの略で、企業や製品をPRするためのキャッチコピーのようなものです。
他社との違い、特徴、優位な点を手短に伝えることのできる魔法のコトバと言ってもいいでしょう。

有名なUSPは「30分でお届けします」というやつですね。


“アクセスやコンバージョンを上昇させるテクニックのひとつ” の詳細は »

リンク集をカスタマイズしてページボリュームとアクセスをアップする

リンク集を利用したアクセスアップの方法があります。
リンク集は1ページにアンカーテキストと説明文を規則正しく羅列しているのが一般的ですが、これを1ページ1リンクとして、説明文を300文字程度ほどにすると、立派な紹介ページの完成です。

説明文は、リンク先の運営者に依頼すれば、コピー&ペーストするだけですから、作業的にも負担は少ないはずです。
しかも、自分のサイトを宣伝するのですから、説明文の文字数が多いのは、相手にとっても不満はないはずです。


“リンク集をカスタマイズしてページボリュームとアクセスをアップする” の詳細は »