季節性商品のSEOの対応の仕方のポイントはピークを避ける?

季節モノ商品を扱うECサイトのSEOはピーク時を予め予測して、逆算でチューニング作業に入らないといけないですね。

例えば、マスクは本来、花粉症や風邪の季節が販売のピークです。
しかし今回は、新型インフルエンザ特需で不織布マスクがバカ売れしましたけれども、ここまでになるとSEOもへったくれもなく、インデクスさえ完了しておけば、少なからず成果は出るという状況です。

この状況は別格として、季節モノ商品をSEOするにあたっての注意点などを書いてみます。

季節モノ商品の具体例としては「クリスマス」「入学式」などの年間行事に関連する商品が挙げられますが、現在の検索エンジンのインデクス登録に有する期間が最長で3ヵ月ですので、少なくとも三ヶ月前にはSEOチューニングをスタートすることになります。

ただ、シーズン真っ只中に照準を合わせるのは論外で、売れ始めの時期に合わせることがセオリーですね。
例えば「クリスマス」は12/24.25を指しますが、クリスマス商戦は11月下旬から徐々にスタートします。
飾りつけなどは早いところですと、それぐらいの時期にやりはじめますから、この頃に合わせてSEOを仕込むのがベターかもしれません。

診断もSEO塾
yahooはSEO塾のセミナーで対策済み
www.algorism.co.jp/clinic/

欲を言えば、SEOはサイトへの修正作業を重ねることで質が高まってきますから、半年スパンで対応していくことをおすすめします。

«
»