カテゴリーメニューのキーワード化が向かないサイトとは

ディレクトリメニューにキーワードを入れることは、内部構造のアンカーテキストマッチの観点からもSEOには効果的ではありますが、検索結果のディスクリプションでは、ちょっと説明文として読みづらいケースがあります。

ダイエットのサイトのひとつのカテゴリメニューとして「バナナ」があるとします。
検索キーワードが「バナナ ダイエット」でヒットした場合、検索結果のディスクリプションは、このカテゴリメニューのアンカーテキストを中心に前後の文章を拾ってくる場合もあるので、文章のつながりが失われることがあります。

アルゴリズムはseo会社
SEO塾のマニュアル・テンプレート・SEO診断で失敗したSEO対策をリカバリー
www.algorism.co.jp/

このような事実がある限り、むやみにカテゴリメニューをキーワード化するのは避けたいところではないでしょうか。
サイトの性質にもよりますが、物販アフィリエイトサイトなら、商品名やジャンルをカテゴリメニューにそのまま使用するケースが多々ありますので、ターゲットユーザーは今更説明を求めるわけでもなく、価格や仕様、グレードなどが知りたいはずですから、ディスクリプションの説明文が、ある程度、不細工であってもいいと思います。

逆にコーポレートサイトやノウハウ系ECサイトは、カテゴリメニューのキーワード化は避けたいですね。

どちらにせよ、カテゴリメニューのキーワード化はSEO必須のチューニングというよりも、適宜、使い分ける程度がよいかなと思います。

«
»