algorism

中小企業や個人商店に対するSEOの基本姿勢

不況になると企業は相対的に売上げや利益が落ちてきます。

大企業が不況のあおりを受けて倒産ということも、今では珍しいものではなくなりました。
日航の問題は今最も注目されています。

さて、この不況の中で、SEOが果たすべき役割とはどんなものでしょうか。


“中小企業や個人商店に対するSEOの基本姿勢” の詳細は »

ライバルサイトを蹴落とすための黒魔術は使うべきか否か

競合サイトの検索ランキングを蹴落とす方法として、雑多なウェブサイトを作成して、大量のリンクを送り込むというものがありますが、これを実証したことはもちろんありませんので、都市伝説としてお話したいと思います。

所有サイトを使って実験するに値しないことなので、「お話」としてエントリーしますね。


“ライバルサイトを蹴落とすための黒魔術は使うべきか否か” の詳細は »

日本の検索市場が変わればSEOサービスも新たなビジネスチャンス到来か

日本の検索エンジン事情は、YahooとGoogleがほぼ互角に競っていましたが、米ヤフーがマイクロソフトと提携して、YSTからBingへの乗り換えが規定路線ではありましたが、日本のヤフーサイドは、そうは考えていなかったようですね。

Bingの先行き不透明さに、危機感を感じたのか、米Googleとの提携を発表しました。


“日本の検索市場が変わればSEOサービスも新たなビジネスチャンス到来か” の詳細は »

実用的でないSEO知識がウェブサイト運営のネックになっていませんか?

SEOは時間もお金もかかるんです。
もう、いきなり結論から言ってしまいました(汗)
理由はですね、検索エンジンは生き物だからです。

検索エンジンは絶えず進化しているということは、もはや常識なのですが、これは我々SEOエキスパート側の理論であるので、これを理由にSEO導入をすすめるつもりは毛頭ありません。


“実用的でないSEO知識がウェブサイト運営のネックになっていませんか?” の詳細は »

 

アクションを起こす行動の方法が多岐にわたるメリット

ターゲットがアクションして欲しいことは、WEBサイト上ではひとつに絞ることが大切ですが、アクションのための方法は多ければ多いほどコンバージョン率のアップに繋がります。

“アクションを起こす行動の方法が多岐にわたるメリット” の詳細は »

ビジネスサイトの信頼性をグッと上げるパーツとは

WEBサイトの信頼性をグッと上げる効果がある顔写真。

顔写真はビジネスサイトには必須です。
恥ずかしいなどという問題ではなく、絶対に載せるものです、と断言してもいいでしょう。

顔写真が恥ずかしいと言うのなら、プロに撮影してもらってでも掲載して欲しいと思いますね。


“ビジネスサイトの信頼性をグッと上げるパーツとは” の詳細は »

 

アクセスやコンバージョンを上昇させるテクニックのひとつ

アクセスやコンバージョンを上昇させるテクニックのひとつに、USPを考えて公開する方法があります。

USPはユニーク・セリング・プロポジションの略で、企業や製品をPRするためのキャッチコピーのようなものです。
他社との違い、特徴、優位な点を手短に伝えることのできる魔法のコトバと言ってもいいでしょう。

有名なUSPは「30分でお届けします」というやつですね。


“アクセスやコンバージョンを上昇させるテクニックのひとつ” の詳細は »

ライフタイムバリューを見越したSEOを提案できるかが勝負

SEOのゴールは製品やサービスの成約率を高めて売上げに貢献することですが、数値目標をクライアントと打ち合わせる際は、単なる御用聞きでは、SEOエキスパートとしてはこれからは生き残れません。

効果測定をすることが多い仕事ですから、それぞれの基準というものを設定します。
基準の割り出し方は、ライフタイムバリューが基本です。


“ライフタイムバリューを見越したSEOを提案できるかが勝負” の詳細は »

 

PPC広告とSEOはどちらをやった方がいいのか

SEOと並ぶターゲットユーザー誘導の手段としてPPC広告があります。

PPC広告はペイパークリック広告つまり検索連動型広告と言われるものです。
アドワーズとオーバーチュアが国内二大大手の業者であることは、すでに知られているところですね。

このエントリーでは、便宜上PPC広告で統一しますが、PPC広告とSEOの関係を見てみます。


“PPC広告とSEOはどちらをやった方がいいのか” の詳細は »

カテゴリーメニューのキーワード化が向かないサイトとは

ディレクトリメニューにキーワードを入れることは、内部構造のアンカーテキストマッチの観点からもSEOには効果的ではありますが、検索結果のディスクリプションでは、ちょっと説明文として読みづらいケースがあります。

ダイエットのサイトのひとつのカテゴリメニューとして「バナナ」があるとします。
検索キーワードが「バナナ ダイエット」でヒットした場合、検索結果のディスクリプションは、このカテゴリメニューのアンカーテキストを中心に前後の文章を拾ってくる場合もあるので、文章のつながりが失われることがあります。


“カテゴリーメニューのキーワード化が向かないサイトとは” の詳細は »