PPC広告とSEOはどちらをやった方がいいのか

SEOと並ぶターゲットユーザー誘導の手段としてPPC広告があります。

PPC広告はペイパークリック広告つまり検索連動型広告と言われるものです。
アドワーズとオーバーチュアが国内二大大手の業者であることは、すでに知られているところですね。

このエントリーでは、便宜上PPC広告で統一しますが、PPC広告とSEOの関係を見てみます。

PPC広告とSEOはどちらが良いかという質問はナンセンスです。
どちらもオススメとしか言いようがありませんが、PPC広告は広告費がクリック毎に発生しますので、下手すると費用対効果がものすごく悪い時期が長くなる恐れがあります。

SEOも業者に依存しているのならば、費用対効果については同じことが言えますが、どちらもアクセスとコンバージョンを分けて考えて対策することに変わりはありません。

また、PPC広告については、広告の管理については出稿数が多ければ多いほど負担が増してきますので、SEOで一円起業した専門家に相談することも方法です。

PPC広告用のツールも数多く出ており、自動入札管理ツールやライバル広告チェックツールなど専門特化したツールが販売されています。

PPC広告の出稿数次第では、必要ないものかも知れませんが、高機能であることや高性能であることは、ツール購入や利用の理由にはなれません。
あくまでも作業工程の一部を補うものであることを認識して欲しいと思います。

SEOは集客やマーケティングの手段のひとつ
多方面に集客経路を設けることでリスクが軽減される。「EOだけ」ではなく「SEOをメイン」に。
www.algorism.co.jp/

«