日本の検索市場が変わればSEOサービスも新たなビジネスチャンス到来か

日本の検索エンジン事情は、YahooとGoogleがほぼ互角に競っていましたが、米ヤフーがマイクロソフトと提携して、YSTからBingへの乗り換えが規定路線ではありましたが、日本のヤフーサイドは、そうは考えていなかったようですね。

Bingの先行き不透明さに、危機感を感じたのか、米Googleとの提携を発表しました。


さて、日本の検索勢力図は変わり、Googleの独占だと息巻くのは、フラれたマイクロソフトです。
が、ヤフー株式会社サイドは、ある程度のカスタマイズを施して、独自カラーを打ち出す方針のようですが、どこまでカスタマイズするのか、Yahoo!知恵袋やYahoo!オークションなどの検索システムは、従来どおりなのかという、細かい部分には触れていません。

仮に、全ての検索システムが、Google製を採用するとなると、ウェブ検索や画像検索、前述のYahoo!知恵袋やYahoo!オークションまで、Google攻略SEOサービスの延長という考える可能性も出てきますよね。

アルゴリズムもどのぐらいカスタムされるのか、まだまだわからないことばかりですが、逆に、いろいろと関心を持つと、新たなビジネスチャンスの到来があるかもしれません。

尚、YahooとGoogleのデータ共有は無いとしていますが、これも実際はわかりませんよね。

やりすぎSEO対策はリスクです
過剰なSEO対策はウェブサイトの品質を逆に劣化させる原因となる
www.algorism.co.jp/

«
»