大企業にリンク集が無いのはなぜかという素朴な疑問に対して

大企業にリンク集がないのはなぜですか、という質問を貰ったときに、素直なモノの見方をしなければいけないなと思ったものです。
確かに大企業にはリンク集はありませんが、リンク集に変わるものがすでに存在しています。
関連会社の紹介ページですね。

この関連会社の紹介ページがリンク集として認識されているのは想像に難くないと思います。

大企業の関連会社の紹介ページは、関連会社や子会社、支店などにリンクされていますが、これだけでもハブサイトとしての機能を有していますし、リンク先のサイトもそれぞれ検索エンジンからの評価も高い作りになっていますから、バックリンクとしても最高の質を誇ります。

つまり、大企業ともなると、わざわざリンク集を作る必要もなく、コンテンツとして関連企業の紹介ページを作ると自然にリンク集になってしまうということです。

個人サイトが大企業のサイトを参考にするのは無理があるのは、こういったサイト制作の上での材料に大きな差があるからです。
検索エンジンはco.jpドメインを多少優位性を持たせているのではないかという話しもありますが、全てのco.jpドメインではないにしろ、日本経済に大きく影響する企業においては、信憑性のある事実なのかもしれません。

大企業にリンク集・・・気付きの元はコミュニケーションからですね。

SEO被リンク バックリンク・システム

(1)アンカーテキストの集中分散 (2)独自のリンク元価値評価 (3)順位がアップダウンするリンクパターン(外部でも内部でも)解明。有料リンク疑惑や不自然なリンク判定を回避して、大量シンク神話もリンク否定風評も寄せつけない実績。

«
»