ブログタグとカテゴリーのサイトバーでの共存について

ブログタグの種類を増やしすぎるのはどうなんでしょう?

ブログタグはキーワードによる内部検索だと思うので、1エントリーごとにキーワードを思いつきでタグ付けしてしまうのは、ほとんど意味がないような気がします。

ただし、外部のサイトと横断的に紐付けされるタグの場合は、ありかもしれません。

ブログタグはサイドバーに一覧表示されます。
ブログによってはサイドバーに表示させない機能も持たせていますが、表示させなくてもエントリーの末尾にタグが埋め込まれるので、そんなには問題にはならないでしょう。

また、ブログタグはトップページのタグ集合スペースからのアクセスも見込めますので、1エントリーに1個から3個程度つけておくだけですので、作業の負担はほとんどありません。

タグも人気のタグというものがあり、それを狙うか、独自のタグを付けて集中的にエントリーを公開するのかは、本人次第でよろしいかと思います。

では、サイドバーにタグを表示しているケースにおいて、カテゴリーとの共存はどうなのかというところなのですが、検索エンジンでは、カテゴリでもタグでもディレクトリとして認識しているようなので、どちらも表示したままでいいと思います。

ただし、タグについては、付けた数の多い順に表示数を絞ったほうがいいでしょうね。

«
»