検索エンジンはYahooとGoogleだけじゃない

検索エンジンは二強一弱その他目的別ローカル検索エンジンという構図でしたが、これからは検索エンジンのシェアもブラウザ乱立のように、一時的に競争が激化し、また次第に収束されていくことになるのではないかと思っています。

ブラウザ競争は、今は落ち着いており、これからはインターネットエクスプローラー、ファイヤーフォックスの二強時代の到来を勝手に予想しています。

ブラウザに拘るのはネットビギナーにはいませんので、いかにパソコンに標準装備されるかによりますけどね。

検索エンジンの二強一弱は、具体的にはYahooとGoogleの二強に対して旧MSNのBingになります。
しかし、YahooはBingのシステムを採用してくるでしょうから、実質はYahooとGoogleが突出した存在であることは間違いないところですね。

検索エンジンについては、ついついYahooとGoogleに目が行ってしまいますが、ポータルサイト独自が抱えている検索エンジンがあることを忘れてはなりません。
シェアが小さいことと目立たないことで、気付かずに利用している人もたくさんいると思います。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』で検索エンジンの項目を見てみると、実に様々な検索エンジンがインターネットを快適な空間するために存在しています。

錆びないSEO診断
中小規模検索エンジンの効果はほとんど期待できない中での効果的な検索エンジン対策
www.algorism.co.jp/clinic/

«
»