Bingを攻略するSEOの需要と今後の対策の方向性は

マイクロソフトがMSNからBingへと検索エンジンを変更しました。

ニュースアンサーや画像アンサーといったBing特有のサービス機能も付いており、注目を集めましたが、メインサーチエンジンとして利用しているネットユーザーはどのくらいいるのかはわかりません。

ただ、忘れてはならないのは、Bingは日本語版はBETA版であるということです。

ベータ版とは、開発途中というイメージでいいのですが、正式公開まではどのくらいの時間を要するのかはわかりません。
ベータ版らしいと言っては失礼ですが、飾り気の無い、比較的すっきりとした検索結果が表示されます。

Bingを対象にしたSEOは特に需要があるのかどうかも不明で、今後は、SEOサービスをBingを含めて行う業者が出てくるのかも、注目してみたいところですね。

SEOテンプレート
ビジネスサイトもブログも外部リンクも、オールインワンSEO塾テンプレートならOKのWordPressテーマ
www.template2seo.com/

Bingにも強いSEOテンプレートノウハウを持っているSEO会社はニッチなマーケットですが、トップシェアを取れるでしょう。
どの程度の市場規模かも想像つきませんが、今のBingはちょっと魅力的ではないですね。

が、動画検索はすばらしいものがあります。
動画検索結果の画面はサムネイル表示でYahooやGoogleと変わりませんが、一部の動画ではクリックすると、ページに飛ばずに、ヘッダー部分で動画の再生が始まります。

SEOとブログで需要を見極め
検索数は世の中のニーズをそのまま表している。そこに乗れるかどうかマーケティング。
www.seoragnarok.com/blog/

«
»