バックリンクのIP分散がSEOに本当に有効なのか

SEOのIP分散論が叫ばれていたころに、重宝されていたのが、海外のサーバーやブログでした。

海外の無料ブログや無料ホスティングのリンク集サイトは、非常にアクセスが多かったと思います。
確かに海外サイトは、無料ホスティングサービスはかなり多くて、しかも機能も充実過ぎるぐらい充実しており、日本のホスティングサービスの高額さを痛感することはあります。

しかも、ドメインも提供してくれる無料ホスティングもあります。

海外の無料ホスティングを利用すると、コストはかからないですし、IP分散にも大きく貢献しますが、はっきりと申し上げますと、非常に回線が重くなります。
光ファイバーによる通信でさえも、64kbのアナログ回線かと思うほどの通信体感速度となる場合もあります。

こればかりは避けようがありませんので、メインサイトの運営には適しません。
ですのでバックリンクサイトや実験サイトとして登録するというような使い方がよいと思います。

SEOのバックリンク対策で、海外無料ブログを利用するというノウハウもありましたが、この重さによるストレスは耐え難いものがあるので、使いにくいのでないかと考えています。
IP分散への評価は、コンテンツの評価を上回りませんので、地道なバックリンク作業が無難かと思います。

SEOのリンク構造探究
同業他者が真似できないリンクSEOでネットビジネス繁栄!
https://www.seojuku.com/backlink/
被リンクSEOのバックリンク・システム

«
»