タイトルとH1の記述が全く同じでもお咎めなし

hタグは皆さんがSEOを語るにあたって、どう考えているでしょうか。
最近ではhタグの評価は薄れてきているという情報も確かに存在しますし、逆にh1タグ以外は捨ててもかまわないといった乱暴な情報まであります。

hタグは見出しであり、タイトルタグに記されたキーワードをテーマにコンテンツを組み立てていく上で、重要なタグであることは間違いありません。

コンテンツを文書と捉えると、文書の全容をあらわすものをh1タグで指定します。
具体的にはテーマや述べたい事柄についてですね。
小見出しという言い方が適切かどうか疑問ですが、これをh2タグに当てはめます。
以下区分けとしてh3タグやh4タグがありますが、必ずしも使わなくてはならないものではありませんので、ほとんどのサイトではせいぜいh2までが利用頻度としては多いのかなと思います。

タイトルタグとh1タグはどう区別すれば良いのかという疑問もあるでしょうが、タイトルとh1の記述が同じでも全く問題はありません。
キーワードとページの関連性を考えると不自然ではないはずです。
またh1タグは1ページにつき1個しか用いることが出来ませんので、誤った使い方は決して検索エンジンにとってはプラスにはならないものとお考えください。

h1の魔術師 SEO塾.com
HTML5スマホ対応サイトのセクション要素SEO
https://www.seojuku.com/
完全オリジナルのSEO塾.com

«
»