無料ツールは有料利用のための販促ツールでしかない?

無料ツールを利用して見込み客を集める方法を積極的に活用しているホームページ制作会社やSEO会社がありますが、ツールでなくても、ターゲットユーザーに便利だな、欲しいなと思わせるものであれば、何でも販促ツールとして利用できます。

SEO関連ツーツルには開発費用が必要ですが、小冊子などではかなりコストが押さえられて、費用に対する回収も比較的早期に実現するのではないでしょうか。

無料ツールには一般的には制限事項があり、若干の不満を持たせておくことで、有料利用の申し込みに誘導します。
ツールに制限があるのでは、ツールの利用価値はほとんどありませんし、無料ツールのメンテナンスについても不透明なので、利用するときは、その辺を念頭において、限定的に利用します。

ツール利用のための利用では、全く意味がありませんので、手動でルーチンワークとなっている部分をツールに任せるようにすると、必然的に必要なツールが出てきます。
時間がかかっている手動のルーチンワークほど、ツールによる効果は大きいものです。

例えば、順位チェックなどは、毎日するものでもないですが、いざ、手動でし始めると面倒な作業です。
管理サイトが増加するにつれて負担は増すばかりなので、そこで初めてツールの導入を考えても遅くはありません。

SEOデータ解析セミナー
ツールで得られた情報をどう解析するのかにも言及するセミナーが好評
www.algorism.co.jp/seminar/

«
»