SEOの被リンクサービスが未だにプレスリリースされる理由

リンク提供サービスは信用していいのかどうか、悩むところですよね。
被リンクはSEOにとっても非常に重要なファクターですし、何より被リンクを得ることの難しさがあるからこそ、被リンクのサービスが多くあるわけです。

プレスリリースでは次々とリンクサービスが出てきますが、有料リンクがもはや嫌われてきている現状で、いったい何を目的に被リンクサービスを提供するのかを考えてみます。

被リンクの獲得はWEBサイトの命題でもあります。
出来ることなら、楽して被リンクを増やしたいのが、WEBサイト運営者またはSEO担当者の正直な気持ちであることは、十分に理解できます。

被リンクサービスもリンク先となるお客さんのサイトのコンテンツに合ったサイトからリンクを送るという、きめ細かい方針を出している会社もありますが、世の中にはたくさんの業種があるなかで、全てをカバー出来るわけではありません。
依頼のあったサイトと同様のリンク目的のサイトを作っているのではないかと、ついつい邪推してしまいます。

弊社独自のカテゴリサイトからの・・なんてPRしてくると、ますます邪推が確信に変化しそうです。
被リンクだけは、ツールを使った大量のリンクサイトへの自動登録などは厳禁で、地道に探すことが遠回りですが、近道です。

SEO被リンク バックリンク・システム

(1)アンカーテキストの集中分散 (2)独自のリンク元価値評価 (3)順位がアップダウンするリンクパターン(外部でも内部でも)解明。有料リンク疑惑や不自然なリンク判定を回避して、大量シンク神話もリンク否定風評も寄せつけない実績。

«
»