link

バックリンクのIP分散がSEOに本当に有効なのか

SEOのIP分散論が叫ばれていたころに、重宝されていたのが、海外のサーバーやブログでした。

海外の無料ブログや無料ホスティングのリンク集サイトは、非常にアクセスが多かったと思います。
確かに海外サイトは、無料ホスティングサービスはかなり多くて、しかも機能も充実過ぎるぐらい充実しており、日本のホスティングサービスの高額さを痛感することはあります。

しかも、ドメインも提供してくれる無料ホスティングもあります。


“バックリンクのIP分散がSEOに本当に有効なのか” の詳細は »

検索は生活密着ツールと考えるとコンテンツやSEOの考え方が変わる

ウェブサイトと検索順位は、切っても切れない関係がありますよね。
ここ日本でも、検索エンジンという言葉もそうですが、YahooやGoogleといった言葉は、かなり浸透してきていると思います。

お年寄りでさえも、自分が検索出来なくても、知り合いにや孫を使って検索してもらうなんてことが、日常的にありますからね。

そう考えると、検索エンジンって生活密着ツールでもあるんですよね。


“検索は生活密着ツールと考えるとコンテンツやSEOの考え方が変わる” の詳細は »

チーム・マイナス6%に参加して被リンクと環境問題を

日本で最もページランクの高いサイトは何のサイトでしょうか。
Yahooと答えた方は残念でした。

ページランクはGoogleの開発したリンクに対する独自の指標で、SEOそのものの評価を示すものではありませんが、リンクに関する品質を見るものと考えると、ある程度のサイトの良質さが認識できるものとなっています。

さて、正解は何のサイトでしょうか。


“チーム・マイナス6%に参加して被リンクと環境問題を” の詳細は »

SEOの被リンクサービスが未だにプレスリリースされる理由

リンク提供サービスは信用していいのかどうか、悩むところですよね。
被リンクはSEOにとっても非常に重要なファクターですし、何より被リンクを得ることの難しさがあるからこそ、被リンクのサービスが多くあるわけです。

プレスリリースでは次々とリンクサービスが出てきますが、有料リンクがもはや嫌われてきている現状で、いったい何を目的に被リンクサービスを提供するのかを考えてみます。


“SEOの被リンクサービスが未だにプレスリリースされる理由” の詳細は »

 

米国には検索クロールのためのスタートサイトを選択する理論があるらしい

単純な疑問が浮かんでいます。
SEOでは、ウェブサイトのクロールのし易さが、全ページインデクスを可能にします。

このクローラーですが、インターネット上のSEO記事では、どういう役割をするのかの説明はあれど、肝心なことには触れられていません。

せいぜい、クローラーの確認の仕方やどの検索エンジンのボットなのかを見る方法などに触れる程度ですよね。


“米国には検索クロールのためのスタートサイトを選択する理論があるらしい” の詳細は »

リンク集をカスタマイズしてページボリュームとアクセスをアップする

リンク集を利用したアクセスアップの方法があります。
リンク集は1ページにアンカーテキストと説明文を規則正しく羅列しているのが一般的ですが、これを1ページ1リンクとして、説明文を300文字程度ほどにすると、立派な紹介ページの完成です。

説明文は、リンク先の運営者に依頼すれば、コピー&ペーストするだけですから、作業的にも負担は少ないはずです。
しかも、自分のサイトを宣伝するのですから、説明文の文字数が多いのは、相手にとっても不満はないはずです。


“リンク集をカスタマイズしてページボリュームとアクセスをアップする” の詳細は »

 

バックリンクサービスの選定基準を設定して業者を絞り込む

バックリンクサービスを利用したいのならば、人柱サイトで申し込むべきです。
人柱サイトという呼称はちょっとどうかと思いますが、いきなりメインサイトで申し込むのはかなりリスクが高いと言わざるを得ないのが現実ですね。

人柱サイトはメインサイトのミラーサイトである必要はありませんが、少なくとも関連するテーマのコンテンツで制作することが賢明です。


“バックリンクサービスの選定基準を設定して業者を絞り込む” の詳細は »

バックリンクサービスは事前に品質を確認できることが契約条件

バックリンクサービスが次々に現れています。

SEO会社から提供されるサービスもあれば、個人が運営しているケースまで、非常に様々な形態がありますが、そもそもバックリンクを他人に依存することは、かなりリスキーな行動と思うのですが、いかがでしょうか。

需要があるからこれからも廃れることはないでしょうが、品質レベルをどう見極めるかですね。


“バックリンクサービスは事前に品質を確認できることが契約条件” の詳細は »