SEOを研究するなら有効に使う方法にフォーカス

SEOを極めると、検索エンジンからの集客を独占できる可能性が生まれてくる。
ちょっと大袈裟かもしれませんが、そうなることもあるからSEOは深いですよね。

がら空き市場にポンとSEO対策したサイトを投げると、あっという間にトップシェア。
リアルなビジネスでは考えられない出来事が起こり得るのがSEOです。


“SEOを研究するなら有効に使う方法にフォーカス” の詳細は »

バックリンクのIP分散がSEOに本当に有効なのか

SEOのIP分散論が叫ばれていたころに、重宝されていたのが、海外のサーバーやブログでした。

海外の無料ブログや無料ホスティングのリンク集サイトは、非常にアクセスが多かったと思います。
確かに海外サイトは、無料ホスティングサービスはかなり多くて、しかも機能も充実過ぎるぐらい充実しており、日本のホスティングサービスの高額さを痛感することはあります。

しかも、ドメインも提供してくれる無料ホスティングもあります。


“バックリンクのIP分散がSEOに本当に有効なのか” の詳細は »

方言を利用したSEOは旅行の成約に一役買うのか

エントリーを方言に変換するツールがあります。
これは一体、どんなときに使うのかを考えてみたのですが、ビジネスのエントリーには使えないですし、せいぜい面白半分に日記ブログに投稿するぐらいなのかなと思います。

そもそも、方言を検索キーワードとして入力するシーンはどういったときでしょうか。
沖縄旅行の下準備として沖縄の言葉を勉強する人もいるかもしれないですね。


“方言を利用したSEOは旅行の成約に一役買うのか” の詳細は »

最強のSEO集団が存在するとしたら何を学ぶべきか

最強SEO集団に会ってみたいと思いませんか?
SEOの世界はまだ表に出るほどメジャーではありませんが、SEOに強い人はこの日本にもたくさんいます。

最強のSEOスキルを有する人はどのような作業ぶりなのかを垣間見るには、難関キーワードと呼ばれるキーワードの上位10サイトを見てみると、おぼろげながら想像できると思います。


“最強のSEO集団が存在するとしたら何を学ぶべきか” の詳細は »

 

SEOのインハウス化がこれからの企業の課題

企業の担当者がSEOの知識と実践力を持つと、SEOのインハウス化が実現しますので、外部に出ていたランニングコストを節減することが可能になります。

目先のランニングコストの節減だけでなく、長期にわたっての運営やSEOリカバリーにおいて第一人者を育てることで、WEBビジネスの基盤が強固になっていきます。


“SEOのインハウス化がこれからの企業の課題” の詳細は »

キーワードとキーフレーズを上手く使い分けて差別化を

キーワードは単一キーワードと複数キーワードがありますが、ちょっと細かいですけど、定義について話してみたいと思います。

キーワードは単一で使われるもの、複数のキーワードの組み合わせは「キーフレーズ」であるとます。
今の検索エンジンへの検索入力は、キーフレーズが多くなっていませんか?
実際に統計情報でもキーフレーズでの検索が多くなってきてるようです。

ではキーワードは無視していいのかというところですよね。


“キーワードとキーフレーズを上手く使い分けて差別化を” の詳細は »

 

検索は生活密着ツールと考えるとコンテンツやSEOの考え方が変わる

ウェブサイトと検索順位は、切っても切れない関係がありますよね。
ここ日本でも、検索エンジンという言葉もそうですが、YahooやGoogleといった言葉は、かなり浸透してきていると思います。

お年寄りでさえも、自分が検索出来なくても、知り合いにや孫を使って検索してもらうなんてことが、日常的にありますからね。

そう考えると、検索エンジンって生活密着ツールでもあるんですよね。


“検索は生活密着ツールと考えるとコンテンツやSEOの考え方が変わる” の詳細は »

SEOスキルを磨くと同時にキーワード眼を鍛えよう

SEOにおけるキーワード選定は最も重要なプロセスです。
SEOは検索エンジン経由でアクセスを増やす技術ですから、元々検索されないようなキーワードを選定してしまうと、いかにきっちりとSEO対策をとっても、効果を発揮することはできません。

検索されるキーワードについてSEOの作業することがアクセス誘導のはじめの一歩ですね。


“SEOスキルを磨くと同時にキーワード眼を鍛えよう” の詳細は »

 

チーム・マイナス6%に参加して被リンクと環境問題を

日本で最もページランクの高いサイトは何のサイトでしょうか。
Yahooと答えた方は残念でした。

ページランクはGoogleの開発したリンクに対する独自の指標で、SEOそのものの評価を示すものではありませんが、リンクに関する品質を見るものと考えると、ある程度のサイトの良質さが認識できるものとなっています。

さて、正解は何のサイトでしょうか。


“チーム・マイナス6%に参加して被リンクと環境問題を” の詳細は »

中小企業や個人商店に対するSEOの基本姿勢

不況になると企業は相対的に売上げや利益が落ちてきます。

大企業が不況のあおりを受けて倒産ということも、今では珍しいものではなくなりました。
日航の問題は今最も注目されています。

さて、この不況の中で、SEOが果たすべき役割とはどんなものでしょうか。


“中小企業や個人商店に対するSEOの基本姿勢” の詳細は »