タグの乱暴な使い方がSEO対策だった時代

タグのひとつひとつに対して検索エンジンはどう評価しているのか、これをひとつひとつ調べるわけにはいきませんが、ユーザビリティを考慮すると自然と検索エンジンにも読み手にも優しくなることは多々あります。

ユーザビリティとSEOを混同してしまうことは、あまりよろしくないことなので、割り切る必要がありますね。
いくつかそういったタグについて書いてみたいと思います。

まず、今でも重要視されるという情報がある強調タグ。
<strong>タグと<em>タグですね。
<strong>タグを使う方が大半だと思いますが、コンテンツの重要キーワード全てに<strong>タグで囲ってしまうことは、かえって強調にならないですよね?

意味がわかりますでしょうか。
コンテンツの中で他の文章と比較してどこが強調されているかを示すものですから、一箇所か二箇所で抑えます。
かつてはこの<strong>タグが大きくSEOに影響を受けるということで、前述のように多用したサイトが見受けられました。

極端になるとコンテンツの文章全部を<strong>タグで囲んでしまうという乱暴な方法でサイトを公開していることもあったことでしょう。
<strong>タグで囲まれると太字になりますから、文章のすべてが太字になっていると、ソースを開いて見たものです。

«
»