誰にでもしっぽを振っちゃう癒し系の柴犬

犬の性格は、飼い主の性格に似るとよく言いますが、本当に憶病な犬でした。面白いエピソードがありまして、ある日ドッグフードをあげておりましたが、ノラ猫がやって来てそれを食べようとしておりました。「ワンワン」と吠えてそのノラ猫を追っ払うかと思いきや、なんとしっぽを丸めて自分の犬小屋に入ってしまいまして。それで、ノラ猫が皿ごとエサを持って行ってしまうことがありました。小さな猫も追っ払えないほど憶病で弱い犬でしたよ。
また、どんな見知らぬ人にも吠えることをせず、人が来るといつもしっぽをふってしまう可愛い犬でした。
ある日、この犬を試してみようと思いまして、首輪を夜そっとはずしておきました。アホな犬って大抵は首輪がはずれると、自由を得てどこかに行ってしまおうとするものです。私の飼い犬も次の日、首輪がはずれているのに気付いた様子で、一目散に逃げて家から遠くの方に走って行きました。が、5分もすると、ちゃーんと自分の犬小屋に戻って来て、しっぽをふってました。
番犬としては、まるで当てにならない失格な犬でしたが、癒し系のペットしては満点でした。とんでもなくアホな犬でしたが、可愛いもんです。出来が悪くたって、許せるでしょ、家族の一員なんだから。

«
»