seoblog

方言を利用したSEOは旅行の成約に一役買うのか

エントリーを方言に変換するツールがあります。
これは一体、どんなときに使うのかを考えてみたのですが、ビジネスのエントリーには使えないですし、せいぜい面白半分に日記ブログに投稿するぐらいなのかなと思います。

そもそも、方言を検索キーワードとして入力するシーンはどういったときでしょうか。
沖縄旅行の下準備として沖縄の言葉を勉強する人もいるかもしれないですね。


“方言を利用したSEOは旅行の成約に一役買うのか” の詳細は »

人気ニュースサイトはSEOで人が集まっているのか

SEOの最も重要なポイントはやっぱりコンテンツですね。
魅力あるコンテンツと良くいいますが、魅力あるコンテンツとはリピーターの多いテーマを扱っていたり、飽きの来ないテーマやエントリーなどの独自性を持っていたりするコンテンツです。

人気のあるサイト、アクセス数の多いサイトを隈なく見てみると、何度も訪問したくなる作り方というのが、なんとなくわかってくるものです。


“人気ニュースサイトはSEOで人が集まっているのか” の詳細は »

強調タグでもstrongタグとbタグではどう使い分けたらいいのか

強調を意味するタグと言えばストロングタグ(<strong>)ですが、もうほとんどSEOによる効果は無いと考えても良いでしょう。

しかし、ストロングタグで囲ったテキストはBOLD表示されるので、コンテンツの中で目立たせたいテキスト、つまりはキーワードやキーフレーズに対して視線を集めたい場合には有効なタグです。

コンテンツの中の全てのキーワードやキーフレーズを囲うのではなく、文章の流れを考えて、ここという部分を強調します。


“強調タグでもstrongタグとbタグではどう使い分けたらいいのか” の詳細は »

ブログやWEBサイトに時間をかければいいというものではない

100記事100相互リンクを合言葉に、ブログでのアフィリエイトやSEOを学ぶということを販売していたグループがあったというウワサをキャッチしましたので、これについて語ってみたいと思います。

もう今は、販売を停止しているとは思いますが、相当の数の人が購入したそうです。
「学ぶ」ために数万円を捻出したのです。


“ブログやWEBサイトに時間をかければいいというものではない” の詳細は »

 

ブログのキーワードタグについては日米のSEOエキスパートのエントリーは多くない

ブログにはタグが付き物ですね。
このタグの効能や利用方法について、あまり深く掘り下げられていないのは、なぜなんでしょう?

今更説明する必要も無いということなんですかね?
では、SEOの観点からブログタグの効能については、いかがなもんでしょうか。


“ブログのキーワードタグについては日米のSEOエキスパートのエントリーは多くない” の詳細は »

稀にGoogleのスニペットが200文字近くなることがある

G00gleやYahooの検索結果の説明文は、平均120文字程度の文字数で表示されますが、Googleではまれに200文字を超える説明文を伴うことがあります。

この原因は不明ですが、滅多に無いことなので、故意にこれを利用してやろうとするのは時間が勿体無い気もします。
説明文が増えたからといって、ユーザーがリンクをクリックしてくれるとは限りません。


“稀にGoogleのスニペットが200文字近くなることがある” の詳細は »

 

ブラックハットSEOは極端なケース以外はホワイトハットと背中合わせ

スパム行為は今後も続くかということについて考えてみることにします。
結論はでてるんですけどね、無くならないですね。

SEOでもホワイトハットは推奨され、ブラックハットは敬遠されます。
ブラックハットは敬遠どころではなく、Googleの逆鱗に触れると最悪ですから、絶対にやってはいけないのですが、SEOの検証が世界中で行われているので、無くならないのです。


“ブラックハットSEOは極端なケース以外はホワイトハットと背中合わせ” の詳細は »

ビジネスサイトをブログで運営すると何か問題ありますか?

ビジネスサイトにブログを使用することは適切な選択なのか、という疑問をもっているWEB担当者は多い気がします。

ブログだからSEOに有利だとか、ビジネスには不適合だとか、どういう基準で判断しているのかわかりませんが、WEBサイトをインターネットで公開するためには、ブログでもHTMLページでも、どちらでも構いませんよね。

要するにインターネットで公開する方法を議論していても、ほとんど意味は無いと言えます。


“ビジネスサイトをブログで運営すると何か問題ありますか?” の詳細は »

 

Bingを攻略するSEOの需要と今後の対策の方向性は

マイクロソフトがMSNからBingへと検索エンジンを変更しました。

ニュースアンサーや画像アンサーといったBing特有のサービス機能も付いており、注目を集めましたが、メインサーチエンジンとして利用しているネットユーザーはどのくらいいるのかはわかりません。

ただ、忘れてはならないのは、Bingは日本語版はBETA版であるということです。


“Bingを攻略するSEOの需要と今後の対策の方向性は” の詳細は »

クロスブラウザに時間をかけても望んだユーザーは来ない

クロスブラウザの概念がアクセスにどのような影響を受けるのかを考えてみましょう。

クロスブラウザとは、どのブラウザでもレイアウトのズレなどなく、可視可能なWEBサイトにするためにHTMLやCSSで見映えを調整すること、またはその方法論のことを言います。

ブラウザシェアからすると、インターネットエクスプローラーとファイアフォックスの両ブラウザで、レイアウト崩れなどが起きなければ問題ないのではないかと思っています。


“クロスブラウザに時間をかけても望んだユーザーは来ない” の詳細は »