HTML

強調タグでもstrongタグとbタグではどう使い分けたらいいのか

強調を意味するタグと言えばストロングタグ(<strong>)ですが、もうほとんどSEOによる効果は無いと考えても良いでしょう。

しかし、ストロングタグで囲ったテキストはBOLD表示されるので、コンテンツの中で目立たせたいテキスト、つまりはキーワードやキーフレーズに対して視線を集めたい場合には有効なタグです。

コンテンツの中の全てのキーワードやキーフレーズを囲うのではなく、文章の流れを考えて、ここという部分を強調します。


“強調タグでもstrongタグとbタグではどう使い分けたらいいのか” の詳細は »

クロスブラウザに時間をかけても望んだユーザーは来ない

クロスブラウザの概念がアクセスにどのような影響を受けるのかを考えてみましょう。

クロスブラウザとは、どのブラウザでもレイアウトのズレなどなく、可視可能なWEBサイトにするためにHTMLやCSSで見映えを調整すること、またはその方法論のことを言います。

ブラウザシェアからすると、インターネットエクスプローラーとファイアフォックスの両ブラウザで、レイアウト崩れなどが起きなければ問題ないのではないかと思っています。


“クロスブラウザに時間をかけても望んだユーザーは来ない” の詳細は »

SEO対策済みテンプレートでは文法チェック満点は必要か

SEO対策済みテンプレートはHTMLチェッカーで満点なのかというと、そうでもないケースがほとんどではないでしょうか。

SEO対策済みテンプレートは、内部要因を詰め込んだソースのことを指すので、デザインや文法の優先順位は低くても構わないのではないかと思うのです。

もちろん、HTMLチェックでも完璧というテンプレートを希望するブロガーやサイトクリエイターはたくさんいるとは思いますが。


“SEO対策済みテンプレートでは文法チェック満点は必要か” の詳細は »

タグの乱暴な使い方がSEO対策だった時代

タグのひとつひとつに対して検索エンジンはどう評価しているのか、これをひとつひとつ調べるわけにはいきませんが、ユーザビリティを考慮すると自然と検索エンジンにも読み手にも優しくなることは多々あります。

ユーザビリティとSEOを混同してしまうことは、あまりよろしくないことなので、割り切る必要がありますね。
いくつかそういったタグについて書いてみたいと思います。


“タグの乱暴な使い方がSEO対策だった時代” の詳細は »