ECサイト

大企業にリンク集が無いのはなぜかという素朴な疑問に対して

大企業にリンク集がないのはなぜですか、という質問を貰ったときに、素直なモノの見方をしなければいけないなと思ったものです。
確かに大企業にはリンク集はありませんが、リンク集に変わるものがすでに存在しています。
関連会社の紹介ページですね。

この関連会社の紹介ページがリンク集として認識されているのは想像に難くないと思います。


“大企業にリンク集が無いのはなぜかという素朴な疑問に対して” の詳細は »

SEOスキルを磨くと同時にキーワード眼を鍛えよう

SEOにおけるキーワード選定は最も重要なプロセスです。
SEOは検索エンジン経由でアクセスを増やす技術ですから、元々検索されないようなキーワードを選定してしまうと、いかにきっちりとSEO対策をとっても、効果を発揮することはできません。

検索されるキーワードについてSEOの作業することがアクセス誘導のはじめの一歩ですね。


“SEOスキルを磨くと同時にキーワード眼を鍛えよう” の詳細は »

原因療法の必要なWEBサイトにSEO診断はどこまで出来るのか

サイトの目利きは難しいです。
SEO診断なるサービスを提供しているSEO会社がありますが、このサービスには、WEBサイトの集客や成約が芳しくないWEB担当者などが申し込むことになるかと思います。

WEBサイトを所有していないと意味のないサービスですからね。
SEO診断ではSEOの観点からどうすれば集客や成約に結びつくかが書かれていればいいのですが・・。


“原因療法の必要なWEBサイトにSEO診断はどこまで出来るのか” の詳細は »

アクションを起こす行動の方法が多岐にわたるメリット

ターゲットがアクションして欲しいことは、WEBサイト上ではひとつに絞ることが大切ですが、アクションのための方法は多ければ多いほどコンバージョン率のアップに繋がります。

“アクションを起こす行動の方法が多岐にわたるメリット” の詳細は »

 

全ページインデクスは市場を圧倒的に制覇するという事実

トップページにターゲットユーザーを集めるだけでは真のSEOの成果とは言えない風潮があります。

階層化された大規模なECサイトの場合、トップページと第一階層だけのアクセスで、果たして満足するでしょうか。
SEOは全てのページを検索対象として作業することを最低限の目標としなければなりません。

下層ページが戦力となると、間違いなくアクセス数は伸びてきます。


“全ページインデクスは市場を圧倒的に制覇するという事実” の詳細は »

WEBサイトのデザイン至上主義が自分の首を絞めていく

それを言ってはおしまいよ的なSEOについての話をしますね。

SEOはどんな情報をひっぱってきても、共通する必須条件というのがあります。
ご存知の通り、タイトルタグにキーワードを入れること、被リンクを得ること、キーワードを本文に適当に用いること、更新すること、などが該当すると思います。

後は、コンテンツの量や被リンクの数の差が検索順位に影響を受けるということです。


“WEBサイトのデザイン至上主義が自分の首を絞めていく” の詳細は »