理論

SEOのマニュアルは更新が生命線である理由

SEOに関する手引きやマニュアルが電子書籍で販売されているのを見かけると、SEOマニアはつい手にとってしまうそうですね。
結構な値段で購入したにもかかわらず、本に書いてあることばかりだったとか、ハズレなSEOマニュアルも相当にあるようです。

SEOのマニュアルを購入することが目的のマニュアルマニアもいらっしゃるとか。


“SEOのマニュアルは更新が生命線である理由” の詳細は »

SEOのお勉強と作業の違いの特徴は文面に現れる

SEOのお勉強は大事ですが、実践しないと意味がありません。
知識習得の次は実践で理解を得るという感じですね。

何もSEOに限ったことではないと思うのですよ。
例えば自動車学校での座学を終えたら途端に運転技術が身に付くかというと、そうじゃないですよね。


“SEOのお勉強と作業の違いの特徴は文面に現れる” の詳細は »

大企業にリンク集が無いのはなぜかという素朴な疑問に対して

大企業にリンク集がないのはなぜですか、という質問を貰ったときに、素直なモノの見方をしなければいけないなと思ったものです。
確かに大企業にはリンク集はありませんが、リンク集に変わるものがすでに存在しています。
関連会社の紹介ページですね。

この関連会社の紹介ページがリンク集として認識されているのは想像に難くないと思います。


“大企業にリンク集が無いのはなぜかという素朴な疑問に対して” の詳細は »

タイトルとH1の記述が全く同じでもお咎めなし

hタグは皆さんがSEOを語るにあたって、どう考えているでしょうか。
最近ではhタグの評価は薄れてきているという情報も確かに存在しますし、逆にh1タグ以外は捨ててもかまわないといった乱暴な情報まであります。

hタグは見出しであり、タイトルタグに記されたキーワードをテーマにコンテンツを組み立てていく上で、重要なタグであることは間違いありません。


“タイトルとH1の記述が全く同じでもお咎めなし” の詳細は »

 

SEO的にはどうですかという質問に違和感を感じる件

SEO的な効果はどうですか?
という問われ方をよくされると思いますけど、このような言い方をする人はほぼSEOをわかっていないケースがほとんどです。
逆に「あなたはどう思われますか」と問うと、ほとんどの人は「SEO的に有利(不利)だと思います」って答えるんですよね。

このSEO的にという捉え方はいったいどこを指しているのかを考えてみるのもおもしろいものです。


“SEO的にはどうですかという質問に違和感を感じる件” の詳細は »

完璧なSEOを求める必要はないことを知ったある番組とは

漫画家は今では立派な職業という認識をされています。
NHKでも「スラムダンク」「バガボンド」の代表作を有する井上雄彦氏にスポット当てた特集かせ組まれていました。

漫画家の日常は非常に地味で、常に締め切りに終われ、労働時間も長い過酷な現場が映し出されていましたが、SEOの現場もそれに近いものを感じたSEO関係者もいたのではないでしょうか。


“完璧なSEOを求める必要はないことを知ったある番組とは” の詳細は »

 

米国には検索クロールのためのスタートサイトを選択する理論があるらしい

単純な疑問が浮かんでいます。
SEOでは、ウェブサイトのクロールのし易さが、全ページインデクスを可能にします。

このクローラーですが、インターネット上のSEO記事では、どういう役割をするのかの説明はあれど、肝心なことには触れられていません。

せいぜい、クローラーの確認の仕方やどの検索エンジンのボットなのかを見る方法などに触れる程度ですよね。


“米国には検索クロールのためのスタートサイトを選択する理論があるらしい” の詳細は »

実用的でないSEO知識がウェブサイト運営のネックになっていませんか?

SEOは時間もお金もかかるんです。
もう、いきなり結論から言ってしまいました(汗)
理由はですね、検索エンジンは生き物だからです。

検索エンジンは絶えず進化しているということは、もはや常識なのですが、これは我々SEOエキスパート側の理論であるので、これを理由にSEO導入をすすめるつもりは毛頭ありません。


“実用的でないSEO知識がウェブサイト運営のネックになっていませんか?” の詳細は »

 

サイドバーを右か左かで悩むのならばいっそのこと右へ

WEBサイトのサイトバーの構成に少し頭を悩ませているのなら、これからのエントリーが参考になれば幸いです。

まずWEBサイトのレイアウトとしては、どれが一番合理的かを考えると、正解はありません。
Yahooやライブドアなどのポータルサイトは3カラムですし、2カラムも根強い人気があります。

特に2カラムに関しては、サイドバーは右か左かで大きく意見がわかれるところです。


“サイドバーを右か左かで悩むのならばいっそのこと右へ” の詳細は »

画像も目的に応じて使い分けると強力な武器になる

画像は使い方を間違えると逆効果になります。

想像を喚起するイメージ画像と行動を起こさせるアクション画像です。
アクション画像という言い方が適切かどうかはわかりませんが、ニュアンスとして理解して頂ければと思います。

それでは詳しく書いていきます。


“画像も目的に応じて使い分けると強力な武器になる” の詳細は »