検索エンジン

SEOビギナー向けの3ヵ月間やっていいことと悪いことのまとめ

SEOビギナーがまずやるべきことは、サイトを開設したら得た知識の実践をすることです。

コンテンツボリュームを増やすためにブログも開設し、できるだけ数多く投稿します。
アクセス解析を設置して定期的にアクセス数や検索ワードのデータを確認します。

しばらくはそれの繰り返しですね。


“SEOビギナー向けの3ヵ月間やっていいことと悪いことのまとめ” の詳細は »

SEOの検証の役目を終えたゴミサイトの末路

スパムとSEOは背中合わせです。
SEO対策は、検索エンジンと我々との間のスパムの境界線の探り合いという面もあると思います。

現に過剰なSEOをわざと発生させて、つまり人柱ですね、どこまでが適正なSEOなのかを探ることは、避けては通れない事実でしょう。
SEOの検証というのは、まさにスパムと適正値の境界線を探るデータ収集であることが望ましいと思います。


“SEOの検証の役目を終えたゴミサイトの末路” の詳細は »

SEOを研究するなら有効に使う方法にフォーカス

SEOを極めると、検索エンジンからの集客を独占できる可能性が生まれてくる。
ちょっと大袈裟かもしれませんが、そうなることもあるからSEOは深いですよね。

がら空き市場にポンとSEO対策したサイトを投げると、あっという間にトップシェア。
リアルなビジネスでは考えられない出来事が起こり得るのがSEOです。


“SEOを研究するなら有効に使う方法にフォーカス” の詳細は »

検索は生活密着ツールと考えるとコンテンツやSEOの考え方が変わる

ウェブサイトと検索順位は、切っても切れない関係がありますよね。
ここ日本でも、検索エンジンという言葉もそうですが、YahooやGoogleといった言葉は、かなり浸透してきていると思います。

お年寄りでさえも、自分が検索出来なくても、知り合いにや孫を使って検索してもらうなんてことが、日常的にありますからね。

そう考えると、検索エンジンって生活密着ツールでもあるんですよね。


“検索は生活密着ツールと考えるとコンテンツやSEOの考え方が変わる” の詳細は »

 

ライバルサイトを蹴落とすための黒魔術は使うべきか否か

競合サイトの検索ランキングを蹴落とす方法として、雑多なウェブサイトを作成して、大量のリンクを送り込むというものがありますが、これを実証したことはもちろんありませんので、都市伝説としてお話したいと思います。

所有サイトを使って実験するに値しないことなので、「お話」としてエントリーしますね。


“ライバルサイトを蹴落とすための黒魔術は使うべきか否か” の詳細は »

日本の検索市場が変わればSEOサービスも新たなビジネスチャンス到来か

日本の検索エンジン事情は、YahooとGoogleがほぼ互角に競っていましたが、米ヤフーがマイクロソフトと提携して、YSTからBingへの乗り換えが規定路線ではありましたが、日本のヤフーサイドは、そうは考えていなかったようですね。

Bingの先行き不透明さに、危機感を感じたのか、米Googleとの提携を発表しました。


“日本の検索市場が変わればSEOサービスも新たなビジネスチャンス到来か” の詳細は »

 

実用的でないSEO知識がウェブサイト運営のネックになっていませんか?

SEOは時間もお金もかかるんです。
もう、いきなり結論から言ってしまいました(汗)
理由はですね、検索エンジンは生き物だからです。

検索エンジンは絶えず進化しているということは、もはや常識なのですが、これは我々SEOエキスパート側の理論であるので、これを理由にSEO導入をすすめるつもりは毛頭ありません。


“実用的でないSEO知識がウェブサイト運営のネックになっていませんか?” の詳細は »

稀にGoogleのスニペットが200文字近くなることがある

G00gleやYahooの検索結果の説明文は、平均120文字程度の文字数で表示されますが、Googleではまれに200文字を超える説明文を伴うことがあります。

この原因は不明ですが、滅多に無いことなので、故意にこれを利用してやろうとするのは時間が勿体無い気もします。
説明文が増えたからといって、ユーザーがリンクをクリックしてくれるとは限りません。


“稀にGoogleのスニペットが200文字近くなることがある” の詳細は »

 

Bingを攻略するSEOの需要と今後の対策の方向性は

マイクロソフトがMSNからBingへと検索エンジンを変更しました。

ニュースアンサーや画像アンサーといったBing特有のサービス機能も付いており、注目を集めましたが、メインサーチエンジンとして利用しているネットユーザーはどのくらいいるのかはわかりません。

ただ、忘れてはならないのは、Bingは日本語版はBETA版であるということです。


“Bingを攻略するSEOの需要と今後の対策の方向性は” の詳細は »

検索エンジンはYahooとGoogleだけじゃない

検索エンジンは二強一弱その他目的別ローカル検索エンジンという構図でしたが、これからは検索エンジンのシェアもブラウザ乱立のように、一時的に競争が激化し、また次第に収束されていくことになるのではないかと思っています。

ブラウザ競争は、今は落ち着いており、これからはインターネットエクスプローラー、ファイヤーフォックスの二強時代の到来を勝手に予想しています。


“検索エンジンはYahooとGoogleだけじゃない” の詳細は »