リンク

IPアドレス分散は未だにSEOに効果的なのか

マルチドメインのサーバーはドメインの一元管理が可能ですが、IPアドレスがひとつなので、各ドメインにおいてはSEO上は不利であるとの情報がありました。

そんな情報を逆手にとり、1アカウントで複数のIPアドレスサーバーをレンタルできるサービスも出現しています。
クラスCでの分散やクラスBでの分散なども可能なようです。


“IPアドレス分散は未だにSEOに効果的なのか” の詳細は »

チーム・マイナス6%に参加して被リンクと環境問題を

日本で最もページランクの高いサイトは何のサイトでしょうか。
Yahooと答えた方は残念でした。

ページランクはGoogleの開発したリンクに対する独自の指標で、SEOそのものの評価を示すものではありませんが、リンクに関する品質を見るものと考えると、ある程度のサイトの良質さが認識できるものとなっています。

さて、正解は何のサイトでしょうか。


“チーム・マイナス6%に参加して被リンクと環境問題を” の詳細は »

ブログやWEBサイトに時間をかければいいというものではない

100記事100相互リンクを合言葉に、ブログでのアフィリエイトやSEOを学ぶということを販売していたグループがあったというウワサをキャッチしましたので、これについて語ってみたいと思います。

もう今は、販売を停止しているとは思いますが、相当の数の人が購入したそうです。
「学ぶ」ために数万円を捻出したのです。


“ブログやWEBサイトに時間をかければいいというものではない” の詳細は »

SEOの被リンクサービスが未だにプレスリリースされる理由

リンク提供サービスは信用していいのかどうか、悩むところですよね。
被リンクはSEOにとっても非常に重要なファクターですし、何より被リンクを得ることの難しさがあるからこそ、被リンクのサービスが多くあるわけです。

プレスリリースでは次々とリンクサービスが出てきますが、有料リンクがもはや嫌われてきている現状で、いったい何を目的に被リンクサービスを提供するのかを考えてみます。


“SEOの被リンクサービスが未だにプレスリリースされる理由” の詳細は »

 

リンク集をカスタマイズしてページボリュームとアクセスをアップする

リンク集を利用したアクセスアップの方法があります。
リンク集は1ページにアンカーテキストと説明文を規則正しく羅列しているのが一般的ですが、これを1ページ1リンクとして、説明文を300文字程度ほどにすると、立派な紹介ページの完成です。

説明文は、リンク先の運営者に依頼すれば、コピー&ペーストするだけですから、作業的にも負担は少ないはずです。
しかも、自分のサイトを宣伝するのですから、説明文の文字数が多いのは、相手にとっても不満はないはずです。


“リンク集をカスタマイズしてページボリュームとアクセスをアップする” の詳細は »

バックリンクサービスの選定基準を設定して業者を絞り込む

バックリンクサービスを利用したいのならば、人柱サイトで申し込むべきです。
人柱サイトという呼称はちょっとどうかと思いますが、いきなりメインサイトで申し込むのはかなりリスクが高いと言わざるを得ないのが現実ですね。

人柱サイトはメインサイトのミラーサイトである必要はありませんが、少なくとも関連するテーマのコンテンツで制作することが賢明です。


“バックリンクサービスの選定基準を設定して業者を絞り込む” の詳細は »

 

バックリンクサービスは事前に品質を確認できることが契約条件

バックリンクサービスが次々に現れています。

SEO会社から提供されるサービスもあれば、個人が運営しているケースまで、非常に様々な形態がありますが、そもそもバックリンクを他人に依存することは、かなりリスキーな行動と思うのですが、いかがでしょうか。

需要があるからこれからも廃れることはないでしょうが、品質レベルをどう見極めるかですね。


“バックリンクサービスは事前に品質を確認できることが契約条件” の詳細は »

ツイッターはSEOに何らかの好影響をもたらすか

ツイッター(Twitter)が大ブレイクしています。
ショートブログとでも言いましょうか、つぶやきを投稿するものですが、これをSEOに応用する動きもあります。

が、ツイッターが検索結果に出てくるところをあまり見かけないのですが、これは一体どういうことなのでしょうか?
この現象についてSEOの観点から仮説を立ててみます。


“ツイッターはSEOに何らかの好影響をもたらすか” の詳細は »