ユーザビリティ

見出しのhタグのSEO効果を再検証するのは今は止めておこう

見出しタグのh1やh2やh3などのh軍団は、どこまで使えばSEOに有利なのかを考えてみる。

まずh1は大見出しなので、各ページに一度しか出現は許されないが、タイトルタグの記述と全く同じでも、一切のお咎めは受けないことはわかっています。

それではh2やh3、そしてそれ以降のhタグは必要なのかどうか。


“見出しのhタグのSEO効果を再検証するのは今は止めておこう” の詳細は »

1ページ1アクションの法則と入力の負担の軽減

不必要な情報を取得するリスクを考えてみます。
資料請求やお問合せを受け付ける際に、申込者についての情報を取りますが、アンケートが付いているとレスポンスが悪くなる傾向がありますね。

アンケートはアンケート、資料請求は資料請求、問合せは問合せと1ページ1アクションが原則ですね。
その他、不必要な情報とはどんなものがあるでしょうか。


“1ページ1アクションの法則と入力の負担の軽減” の詳細は »

アクションを起こす行動の方法が多岐にわたるメリット

ターゲットがアクションして欲しいことは、WEBサイト上ではひとつに絞ることが大切ですが、アクションのための方法は多ければ多いほどコンバージョン率のアップに繋がります。

“アクションを起こす行動の方法が多岐にわたるメリット” の詳細は »

YahooブックマークがSEOに効果があるという情報の是非について

Yahoo検索の上位表示の必須項目として、Yahooブックマークの登録数があがっていました。
今はもうガセネタですが、この情報が流れ出してからというもの、アフィリエイターを中心に自作自演の登録捏造競争が繰り広げられていたようです。

冷静に考えても、こうして捏造が可能なものを検索エンジンが評価するはずはないのですが、思い込みというか妄信は怖いですね。


“YahooブックマークがSEOに効果があるという情報の是非について” の詳細は »

 

パーソナライズド検索が主流となる日のことを想定しているか

ブラウザによって検索結果が異なることが起きたら、ちょっと戸惑いますよね。

Googleにはサーチウィキというものがあり、検索結果を自分の好きなようにカスタマイズできる機能があります。
検索順位を自分で自由に入れ替えたり、不必要なサイトは非表示にしたりするという、ある意味、SEO従事者にとっては控えめにしていただきたいツールを提供しています。


“パーソナライズド検索が主流となる日のことを想定しているか” の詳細は »

箇条書きを検索エンジンは重要視するのかしないのか

箇条書きのタグである<ul><ol>の各タグについても検索エンジンは重要項目を並べていると判断しているようにも思えます。
しかしSEO対策での必須条件といえばそこまではないかなというのが正直な感想ですが、文章の構成や読み手のことを考えると、箇条書きには簡潔かつポイントとなる言葉が綴るには必要なタグです。

これを検索エンジンはどこまで重視しているのか、このエントリーではちょっと掘り下げてみたいと思います。


“箇条書きを検索エンジンは重要視するのかしないのか” の詳細は »