マイクロソフト

Bingを攻略するSEOの需要と今後の対策の方向性は

マイクロソフトがMSNからBingへと検索エンジンを変更しました。

ニュースアンサーや画像アンサーといったBing特有のサービス機能も付いており、注目を集めましたが、メインサーチエンジンとして利用しているネットユーザーはどのくらいいるのかはわかりません。

ただ、忘れてはならないのは、Bingは日本語版はBETA版であるということです。


“Bingを攻略するSEOの需要と今後の対策の方向性は” の詳細は »

検索エンジンはYahooとGoogleだけじゃない

検索エンジンは二強一弱その他目的別ローカル検索エンジンという構図でしたが、これからは検索エンジンのシェアもブラウザ乱立のように、一時的に競争が激化し、また次第に収束されていくことになるのではないかと思っています。

ブラウザ競争は、今は落ち着いており、これからはインターネットエクスプローラー、ファイヤーフォックスの二強時代の到来を勝手に予想しています。


“検索エンジンはYahooとGoogleだけじゃない” の詳細は »

Yahoo検索とBingが融合するフュージョンサーチエンジンに?

マイクロソフトとヤフーは検索提携契約に合意したみたいですね。
と、いうことは今後のYahoo検索は、少なくともBingの影響を受けるのではないか、と推測してもよさそうです。
もしくは、全くこれまでとは異なる検索アルゴリズムを備えた、新しい検索エンジンが誕生?


“Yahoo検索とBingが融合するフュージョンサーチエンジンに?” の詳細は »