ブログ

方言を利用したSEOは旅行の成約に一役買うのか

エントリーを方言に変換するツールがあります。
これは一体、どんなときに使うのかを考えてみたのですが、ビジネスのエントリーには使えないですし、せいぜい面白半分に日記ブログに投稿するぐらいなのかなと思います。

そもそも、方言を検索キーワードとして入力するシーンはどういったときでしょうか。
沖縄旅行の下準備として沖縄の言葉を勉強する人もいるかもしれないですね。


“方言を利用したSEOは旅行の成約に一役買うのか” の詳細は »

ブログやWEBサイトに時間をかければいいというものではない

100記事100相互リンクを合言葉に、ブログでのアフィリエイトやSEOを学ぶということを販売していたグループがあったというウワサをキャッチしましたので、これについて語ってみたいと思います。

もう今は、販売を停止しているとは思いますが、相当の数の人が購入したそうです。
「学ぶ」ために数万円を捻出したのです。


“ブログやWEBサイトに時間をかければいいというものではない” の詳細は »

ビジネスサイトをブログで運営すると何か問題ありますか?

ビジネスサイトにブログを使用することは適切な選択なのか、という疑問をもっているWEB担当者は多い気がします。

ブログだからSEOに有利だとか、ビジネスには不適合だとか、どういう基準で判断しているのかわかりませんが、WEBサイトをインターネットで公開するためには、ブログでもHTMLページでも、どちらでも構いませんよね。

要するにインターネットで公開する方法を議論していても、ほとんど意味は無いと言えます。


“ビジネスサイトをブログで運営すると何か問題ありますか?” の詳細は »

地域ブログの使い方を間違えるとメインサイトに悪影響

地域限定ブログサービスへのアフィリエイターやSEO担当者による登録が急増した時期がありました。

信憑性の薄い情報ではありますが、
・インデクスが早い
・アクセスが集まりやすい
・アフィリエイトしやすい
ということで、一気に地域ブログに食指が動いたのです。

荒れたブログもあったようですが、地域ブログの使い方について考えてみたいと思います。


“地域ブログの使い方を間違えるとメインサイトに悪影響” の詳細は »

 

無意識なエントリーがSEOを超越する結果を生むことがある

ブログの投稿を日課にすると、エントリーの作成が生活の一部となって、作業の負担感がなくなります。

これがきっかけとなって、アフィリエイトなどでお小遣いを得ている人も多いようですが、作業を習慣化することが作業の負担感を軽くすることを経験したことはないでしょうか。

WEB業界は地味な作業の繰り返しですが、ブログ投稿は地味ながらも、大きな何かをつかむツールとしては非常に魅力あるシステムだと思います。


“無意識なエントリーがSEOを超越する結果を生むことがある” の詳細は »

ビジネスブログはSEO偏重の集客リスクの分散が可能

SEOはブログが有利という情報に衝撃を受けたのはもう数年前です。
特にブログだからどうとか言うのは、枝葉末節を論じていることなので、冷静に考えると無意味な情報ではありました。

しかし、ブログの普及スピードは驚くべきことで、こんなにも早く認知度が高くなるとは想像していなかった人も多いことでしょう。
無料ブログが主流だった頃にMovable Typeが彗星のごとく現れて人気となり、そしてWordpressなどのいわゆるCMSが台頭して、ビジネスにブログを活用することも一般的になりつつあります。


“ビジネスブログはSEO偏重の集客リスクの分散が可能” の詳細は »

 

WEBサイトの価値は更新による継続的な情報提供がベース

WEBサイトの価値とはどういうものだろうかを考えてみると、ユーザーに役に立つ情報を、というのは理想論であることがわかるようになってきました。

理想を掲げることは悪くないのですが、それをどの程度現実の問題としてカバーできるかを考えなければならないのです。
ユーザーに役立つ情報とこちらが主張しても、ユーザーの受け取り方は千差万別です。

となるとどうすればいいのでしょうか。


“WEBサイトの価値は更新による継続的な情報提供がベース” の詳細は »