ビジネス

採用担当者の共通する学生の質の低さを嘆く声が日々高まる

ネット企業が入社準備金なるものを用意して、優秀な人材を確保する動きが出ています。

ますます、優秀な人間は必要とされ、それ以外は内定というゴールに向かって、ひたすら活動するという図式が垣間見えますね。

では、優秀な人材とは、具体的にはどのような人物なのでしょう。

“採用担当者の共通する学生の質の低さを嘆く声が日々高まる” の詳細は »

SEOを研究するなら有効に使う方法にフォーカス

SEOを極めると、検索エンジンからの集客を独占できる可能性が生まれてくる。
ちょっと大袈裟かもしれませんが、そうなることもあるからSEOは深いですよね。

がら空き市場にポンとSEO対策したサイトを投げると、あっという間にトップシェア。
リアルなビジネスでは考えられない出来事が起こり得るのがSEOです。


“SEOを研究するなら有効に使う方法にフォーカス” の詳細は »

SEOのインハウス化がこれからの企業の課題

企業の担当者がSEOの知識と実践力を持つと、SEOのインハウス化が実現しますので、外部に出ていたランニングコストを節減することが可能になります。

目先のランニングコストの節減だけでなく、長期にわたっての運営やSEOリカバリーにおいて第一人者を育てることで、WEBビジネスの基盤が強固になっていきます。


“SEOのインハウス化がこれからの企業の課題” の詳細は »

中小企業や個人商店に対するSEOの基本姿勢

不況になると企業は相対的に売上げや利益が落ちてきます。

大企業が不況のあおりを受けて倒産ということも、今では珍しいものではなくなりました。
日航の問題は今最も注目されています。

さて、この不況の中で、SEOが果たすべき役割とはどんなものでしょうか。


“中小企業や個人商店に対するSEOの基本姿勢” の詳細は »

 

完璧なSEOを求める必要はないことを知ったある番組とは

漫画家は今では立派な職業という認識をされています。
NHKでも「スラムダンク」「バガボンド」の代表作を有する井上雄彦氏にスポット当てた特集かせ組まれていました。

漫画家の日常は非常に地味で、常に締め切りに終われ、労働時間も長い過酷な現場が映し出されていましたが、SEOの現場もそれに近いものを感じたSEO関係者もいたのではないでしょうか。


“完璧なSEOを求める必要はないことを知ったある番組とは” の詳細は »

ネットビジネスに対する持論を曲げない見込み客の対応について

サイト制作のカウンセリングをしていると、必ずと言っていいほど、身の丈以上のものを要求してくることが多いですね。

中小企業の経営者はほとんど大企業や有名ポータルサイトを例に上げて、WEBサイトにおける持論を展開します。
WEBサイトの所有や運営の経験も無いにもかかわらず、その道のプロに対して頼まれもしないのにレクチャーをしてくれるのです。

これではせっかくのチャンスを自ら潰してしまいます。


“ネットビジネスに対する持論を曲げない見込み客の対応について” の詳細は »

 

日本の検索市場が変わればSEOサービスも新たなビジネスチャンス到来か

日本の検索エンジン事情は、YahooとGoogleがほぼ互角に競っていましたが、米ヤフーがマイクロソフトと提携して、YSTからBingへの乗り換えが規定路線ではありましたが、日本のヤフーサイドは、そうは考えていなかったようですね。

Bingの先行き不透明さに、危機感を感じたのか、米Googleとの提携を発表しました。


“日本の検索市場が変わればSEOサービスも新たなビジネスチャンス到来か” の詳細は »

ビジネスサイトの信頼性をグッと上げるパーツとは

WEBサイトの信頼性をグッと上げる効果がある顔写真。

顔写真はビジネスサイトには必須です。
恥ずかしいなどという問題ではなく、絶対に載せるものです、と断言してもいいでしょう。

顔写真が恥ずかしいと言うのなら、プロに撮影してもらってでも掲載して欲しいと思いますね。


“ビジネスサイトの信頼性をグッと上げるパーツとは” の詳細は »

 

アクセスやコンバージョンを上昇させるテクニックのひとつ

アクセスやコンバージョンを上昇させるテクニックのひとつに、USPを考えて公開する方法があります。

USPはユニーク・セリング・プロポジションの略で、企業や製品をPRするためのキャッチコピーのようなものです。
他社との違い、特徴、優位な点を手短に伝えることのできる魔法のコトバと言ってもいいでしょう。

有名なUSPは「30分でお届けします」というやつですね。


“アクセスやコンバージョンを上昇させるテクニックのひとつ” の詳細は »

CPAはリスティング広告だけの指標ではない

CPAの概念を持たないSEO会社やSEOエキスパートは、今後はコストに対する意識の低さを指摘されるに違いありません。

SEOサービスに不満を抱いているWEB担当者のほとんどは、料金体系の不透明さを指摘しています。
これはサービス料金に対して満足度が低いという結果と捉えるべきでしょうね。

もちろん、料金設定の説明基準があいまいな部分がありすぎるということなのですが、CPAの概念を持っていないことも問題です。


“CPAはリスティング広告だけの指標ではない” の詳細は »