スパム

IPアドレス分散は未だにSEOに効果的なのか

マルチドメインのサーバーはドメインの一元管理が可能ですが、IPアドレスがひとつなので、各ドメインにおいてはSEO上は不利であるとの情報がありました。

そんな情報を逆手にとり、1アカウントで複数のIPアドレスサーバーをレンタルできるサービスも出現しています。
クラスCでの分散やクラスBでの分散なども可能なようです。


“IPアドレス分散は未だにSEOに効果的なのか” の詳細は »

SEOの検証の役目を終えたゴミサイトの末路

スパムとSEOは背中合わせです。
SEO対策は、検索エンジンと我々との間のスパムの境界線の探り合いという面もあると思います。

現に過剰なSEOをわざと発生させて、つまり人柱ですね、どこまでが適正なSEOなのかを探ることは、避けては通れない事実でしょう。
SEOの検証というのは、まさにスパムと適正値の境界線を探るデータ収集であることが望ましいと思います。


“SEOの検証の役目を終えたゴミサイトの末路” の詳細は »

強調タグでもstrongタグとbタグではどう使い分けたらいいのか

強調を意味するタグと言えばストロングタグ(<strong>)ですが、もうほとんどSEOによる効果は無いと考えても良いでしょう。

しかし、ストロングタグで囲ったテキストはBOLD表示されるので、コンテンツの中で目立たせたいテキスト、つまりはキーワードやキーフレーズに対して視線を集めたい場合には有効なタグです。

コンテンツの中の全てのキーワードやキーフレーズを囲うのではなく、文章の流れを考えて、ここという部分を強調します。


“強調タグでもstrongタグとbタグではどう使い分けたらいいのか” の詳細は »

ライバルサイトを蹴落とすための黒魔術は使うべきか否か

競合サイトの検索ランキングを蹴落とす方法として、雑多なウェブサイトを作成して、大量のリンクを送り込むというものがありますが、これを実証したことはもちろんありませんので、都市伝説としてお話したいと思います。

所有サイトを使って実験するに値しないことなので、「お話」としてエントリーしますね。


“ライバルサイトを蹴落とすための黒魔術は使うべきか否か” の詳細は »

 

ブラックハットSEOは極端なケース以外はホワイトハットと背中合わせ

スパム行為は今後も続くかということについて考えてみることにします。
結論はでてるんですけどね、無くならないですね。

SEOでもホワイトハットは推奨され、ブラックハットは敬遠されます。
ブラックハットは敬遠どころではなく、Googleの逆鱗に触れると最悪ですから、絶対にやってはいけないのですが、SEOの検証が世界中で行われているので、無くならないのです。


“ブラックハットSEOは極端なケース以外はホワイトハットと背中合わせ” の詳細は »

稚拙なSEOを本気でやっていた経験と方法を暴露

意味のないSEOを必死にやっていた時のことを思い出したので、参考までに書いてみたいと思います。

意味のないというのは、今でこそ意味がないが当時は意味があったかも知れない、ということを念頭において読んで欲しいと思いますが、改めて書くと恥ずかしいSEOなんでしょうね。

ちょっと書くのが怖いです(汗)


“稚拙なSEOを本気でやっていた経験と方法を暴露” の詳細は »