季節性商品のSEOの対応の仕方のポイントはピークを避ける?

季節モノ商品を扱うECサイトのSEOはピーク時を予め予測して、逆算でチューニング作業に入らないといけないですね。

例えば、マスクは本来、花粉症や風邪の季節が販売のピークです。
しかし今回は、新型インフルエンザ特需で不織布マスクがバカ売れしましたけれども、ここまでになるとSEOもへったくれもなく、インデクスさえ完了しておけば、少なからず成果は出るという状況です。

この状況は別格として、季節モノ商品をSEOするにあたっての注意点などを書いてみます。


“季節性商品のSEOの対応の仕方のポイントはピークを避ける?” の詳細は »

全ページインデクスは市場を圧倒的に制覇するという事実

トップページにターゲットユーザーを集めるだけでは真のSEOの成果とは言えない風潮があります。

階層化された大規模なECサイトの場合、トップページと第一階層だけのアクセスで、果たして満足するでしょうか。
SEOは全てのページを検索対象として作業することを最低限の目標としなければなりません。

下層ページが戦力となると、間違いなくアクセス数は伸びてきます。


“全ページインデクスは市場を圧倒的に制覇するという事実” の詳細は »

RSSリーダーに登録されたサイトは評価が高いのか

RSS(RDF Site Summary)はSEOに利用できるかどうかを考えてみます。

その前にRSSについて整理しておきたいのですが、一般的にはRSSは前述のようにRDF Site Summaryの略と解釈されています。
しかし、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)でRSSを調べてみると、規格によって正式名称が若干違うようです。
これは勉強になりました。


“RSSリーダーに登録されたサイトは評価が高いのか” の詳細は »

WEBサイトのデザイン至上主義が自分の首を絞めていく

それを言ってはおしまいよ的なSEOについての話をしますね。

SEOはどんな情報をひっぱってきても、共通する必須条件というのがあります。
ご存知の通り、タイトルタグにキーワードを入れること、被リンクを得ること、キーワードを本文に適当に用いること、更新すること、などが該当すると思います。

後は、コンテンツの量や被リンクの数の差が検索順位に影響を受けるということです。


“WEBサイトのデザイン至上主義が自分の首を絞めていく” の詳細は »

 

稚拙なSEOを本気でやっていた経験と方法を暴露

意味のないSEOを必死にやっていた時のことを思い出したので、参考までに書いてみたいと思います。

意味のないというのは、今でこそ意味がないが当時は意味があったかも知れない、ということを念頭において読んで欲しいと思いますが、改めて書くと恥ずかしいSEOなんでしょうね。

ちょっと書くのが怖いです(汗)


“稚拙なSEOを本気でやっていた経験と方法を暴露” の詳細は »

SEOライティングの参考や見本は身近にある

キーワードを含んだライティングはSEO対策でも重要です。

しかし、ライティングとなると二の足を踏む人が非常に多いですね。
試しに「ブログ作ってみたら」と知人でも友人にでも家族にでも言ってみてください。
大抵、あまり良くない返事が帰ってきます。


“SEOライティングの参考や見本は身近にある” の詳細は »

 

ツイッターはSEOに何らかの好影響をもたらすか

ツイッター(Twitter)が大ブレイクしています。
ショートブログとでも言いましょうか、つぶやきを投稿するものですが、これをSEOに応用する動きもあります。

が、ツイッターが検索結果に出てくるところをあまり見かけないのですが、これは一体どういうことなのでしょうか?
この現象についてSEOの観点から仮説を立ててみます。


“ツイッターはSEOに何らかの好影響をもたらすか” の詳細は »

descriptionにキーワードを入れておくことはセオリー?

メタタグのKeywordsはすでに効果は期待できない旨のエントリーを投稿しましたので、もうひとつのメタタグであるdescriptionについてもこの際言ってしまいましょう。

descriptionもSEOの評価に影響すると勘違いしている人もいますが、descriptionを日本語に訳すと「説明」です。
ページの説明文をここで指定するわけです。


“descriptionにキーワードを入れておくことはセオリー?” の詳細は »

 

Yahoo検索とBingが融合するフュージョンサーチエンジンに?

マイクロソフトとヤフーは検索提携契約に合意したみたいですね。
と、いうことは今後のYahoo検索は、少なくともBingの影響を受けるのではないか、と推測してもよさそうです。
もしくは、全くこれまでとは異なる検索アルゴリズムを備えた、新しい検索エンジンが誕生?


“Yahoo検索とBingが融合するフュージョンサーチエンジンに?” の詳細は »