WEBサイトの価値は更新による継続的な情報提供がベース

WEBサイトの価値とはどういうものだろうかを考えてみると、ユーザーに役に立つ情報を、というのは理想論であることがわかるようになってきました。

理想を掲げることは悪くないのですが、それをどの程度現実の問題としてカバーできるかを考えなければならないのです。
ユーザーに役立つ情報とこちらが主張しても、ユーザーの受け取り方は千差万別です。

となるとどうすればいいのでしょうか。


“WEBサイトの価値は更新による継続的な情報提供がベース” の詳細は »

SEOが必要なのか否かも判断できない企業サイト運営者へ

SEO専門会社はどれを選べばよいのか?という相談をどこの誰にすればよいかもわからない企業は多いようですね。

SEO関係の記事をエントリーし続けているSEOエキスパートにコメントやメールを送る、近隣のSEO会社に片っ端から見積もりを取る、ぐらいしかないのが現実のようです。

これからのSEO業務は、そのようなカウンセリングも必要かもしれないですね。


“SEOが必要なのか否かも判断できない企業サイト運営者へ” の詳細は »

YahooブックマークがSEOに効果があるという情報の是非について

Yahoo検索の上位表示の必須項目として、Yahooブックマークの登録数があがっていました。
今はもうガセネタですが、この情報が流れ出してからというもの、アフィリエイターを中心に自作自演の登録捏造競争が繰り広げられていたようです。

冷静に考えても、こうして捏造が可能なものを検索エンジンが評価するはずはないのですが、思い込みというか妄信は怖いですね。


“YahooブックマークがSEOに効果があるという情報の是非について” の詳細は »

サイドバーを右か左かで悩むのならばいっそのこと右へ

WEBサイトのサイトバーの構成に少し頭を悩ませているのなら、これからのエントリーが参考になれば幸いです。

まずWEBサイトのレイアウトとしては、どれが一番合理的かを考えると、正解はありません。
Yahooやライブドアなどのポータルサイトは3カラムですし、2カラムも根強い人気があります。

特に2カラムに関しては、サイドバーは右か左かで大きく意見がわかれるところです。


“サイドバーを右か左かで悩むのならばいっそのこと右へ” の詳細は »

 

パーソナライズド検索が主流となる日のことを想定しているか

ブラウザによって検索結果が異なることが起きたら、ちょっと戸惑いますよね。

Googleにはサーチウィキというものがあり、検索結果を自分の好きなようにカスタマイズできる機能があります。
検索順位を自分で自由に入れ替えたり、不必要なサイトは非表示にしたりするという、ある意味、SEO従事者にとっては控えめにしていただきたいツールを提供しています。


“パーソナライズド検索が主流となる日のことを想定しているか” の詳細は »

SEOに関する見本や教科書に依存するとウデはあがらない

SEOのウデを上達させるためには、疑問を持って自ら解決するために積極的に行動することが第一です。

SEOには教科書がありません。
SEOにかかわる会社や個人が書籍や電子ブックなどを販売していますが、検索エンジンが水ものである限り、すぐに情報が古くなっていくことが懸念されています。


“SEOに関する見本や教科書に依存するとウデはあがらない” の詳細は »

 

画像も目的に応じて使い分けると強力な武器になる

画像は使い方を間違えると逆効果になります。

想像を喚起するイメージ画像と行動を起こさせるアクション画像です。
アクション画像という言い方が適切かどうかはわかりませんが、ニュアンスとして理解して頂ければと思います。

それでは詳しく書いていきます。


“画像も目的に応じて使い分けると強力な武器になる” の詳細は »

カテゴリーメニューのキーワード化が向かないサイトとは

ディレクトリメニューにキーワードを入れることは、内部構造のアンカーテキストマッチの観点からもSEOには効果的ではありますが、検索結果のディスクリプションでは、ちょっと説明文として読みづらいケースがあります。

ダイエットのサイトのひとつのカテゴリメニューとして「バナナ」があるとします。
検索キーワードが「バナナ ダイエット」でヒットした場合、検索結果のディスクリプションは、このカテゴリメニューのアンカーテキストを中心に前後の文章を拾ってくる場合もあるので、文章のつながりが失われることがあります。


“カテゴリーメニューのキーワード化が向かないサイトとは” の詳細は »

 

SEO対策ツールは作業の補助的な道具と認識せよ

SEOに必要なツールは何か、つい考え込んでしまうSEOプレイヤーに、何が目的でツールを使うのかを再考していいだく機会になればと思って、この記事をエントリーします。

SEO対策ツールとしては、順位チェック、キーワードチェックなど数多く提供されています。
これらのツールはSEOの効果を上げるためのものではなく、あくまでも補助や省力化がメインです。


“SEO対策ツールは作業の補助的な道具と認識せよ” の詳細は »

季節性商品のSEOの対応の仕方のポイントはピークを避ける?

季節モノ商品を扱うECサイトのSEOはピーク時を予め予測して、逆算でチューニング作業に入らないといけないですね。

例えば、マスクは本来、花粉症や風邪の季節が販売のピークです。
しかし今回は、新型インフルエンザ特需で不織布マスクがバカ売れしましたけれども、ここまでになるとSEOもへったくれもなく、インデクスさえ完了しておけば、少なからず成果は出るという状況です。

この状況は別格として、季節モノ商品をSEOするにあたっての注意点などを書いてみます。


“季節性商品のSEOの対応の仕方のポイントはピークを避ける?” の詳細は »