SEOツールの今後の主流は買取型か契約型か

インストール前提の買取型ツールとアプリケーションの契約型ツールとでは、どちらが今後主流となっていくのでしょう。

クラウドコンピューティングがこれからどこまで普及していくのか、まだまだ未知数ですが、インストールという壁を取り払う事は、ローカルでの事故、つまりハードディスクのクラッシュはウイルス感染によるデータ消去などからのリスクを軽減します。

更新やアップデートの際も、いちいちインストールする手間が省けますね。


“SEOツールの今後の主流は買取型か契約型か” の詳細は »

無料ツールは有料利用のための販促ツールでしかない?

無料ツールを利用して見込み客を集める方法を積極的に活用しているホームページ制作会社やSEO会社がありますが、ツールでなくても、ターゲットユーザーに便利だな、欲しいなと思わせるものであれば、何でも販促ツールとして利用できます。

SEO関連ツーツルには開発費用が必要ですが、小冊子などではかなりコストが押さえられて、費用に対する回収も比較的早期に実現するのではないでしょうか。


“無料ツールは有料利用のための販促ツールでしかない?” の詳細は »

検索回数の多いキーワードはコンバージョン率も高い?

検索回数の多いキーワードはコンバージョンの多いキーワードではありません。
全くの別問題として取り扱うことが大切です。

例を挙げると、ロハスというキーワードが日本で取り上げられたとき、こぞって「ロハス」関連のサイトが乱立しました。
ロハスとは説明するまでも無く、

Lifestyles Of Health And Sustainability (健康と持続可能性の(あるいはこれを重視する)ライフスタイル)の略
引用:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

となります。


“検索回数の多いキーワードはコンバージョン率も高い?” の詳細は »

地域ブログの使い方を間違えるとメインサイトに悪影響

地域限定ブログサービスへのアフィリエイターやSEO担当者による登録が急増した時期がありました。

信憑性の薄い情報ではありますが、
・インデクスが早い
・アクセスが集まりやすい
・アフィリエイトしやすい
ということで、一気に地域ブログに食指が動いたのです。

荒れたブログもあったようですが、地域ブログの使い方について考えてみたいと思います。


“地域ブログの使い方を間違えるとメインサイトに悪影響” の詳細は »

 

バックリンクサービスの選定基準を設定して業者を絞り込む

バックリンクサービスを利用したいのならば、人柱サイトで申し込むべきです。
人柱サイトという呼称はちょっとどうかと思いますが、いきなりメインサイトで申し込むのはかなりリスクが高いと言わざるを得ないのが現実ですね。

人柱サイトはメインサイトのミラーサイトである必要はありませんが、少なくとも関連するテーマのコンテンツで制作することが賢明です。


“バックリンクサービスの選定基準を設定して業者を絞り込む” の詳細は »

バックリンクサービスは事前に品質を確認できることが契約条件

バックリンクサービスが次々に現れています。

SEO会社から提供されるサービスもあれば、個人が運営しているケースまで、非常に様々な形態がありますが、そもそもバックリンクを他人に依存することは、かなりリスキーな行動と思うのですが、いかがでしょうか。

需要があるからこれからも廃れることはないでしょうが、品質レベルをどう見極めるかですね。


“バックリンクサービスは事前に品質を確認できることが契約条件” の詳細は »

 

無意識なエントリーがSEOを超越する結果を生むことがある

ブログの投稿を日課にすると、エントリーの作成が生活の一部となって、作業の負担感がなくなります。

これがきっかけとなって、アフィリエイトなどでお小遣いを得ている人も多いようですが、作業を習慣化することが作業の負担感を軽くすることを経験したことはないでしょうか。

WEB業界は地味な作業の繰り返しですが、ブログ投稿は地味ながらも、大きな何かをつかむツールとしては非常に魅力あるシステムだと思います。


“無意識なエントリーがSEOを超越する結果を生むことがある” の詳細は »

検索エンジンはYahooとGoogleだけじゃない

検索エンジンは二強一弱その他目的別ローカル検索エンジンという構図でしたが、これからは検索エンジンのシェアもブラウザ乱立のように、一時的に競争が激化し、また次第に収束されていくことになるのではないかと思っています。

ブラウザ競争は、今は落ち着いており、これからはインターネットエクスプローラー、ファイヤーフォックスの二強時代の到来を勝手に予想しています。


“検索エンジンはYahooとGoogleだけじゃない” の詳細は »

 

WEBサイトのリスク分散を図るならSEO以外の対策も

Yahooの上位表示を専門に請け負うSEO会社はあるのでしょうか。
ちょっとした素朴な疑問なのですが。

検索エンジン上位表示を請け負うSEO専門会社は、総じてYahooとGoogleを相手にサービスを展開しています。
YahooとGoogleの日本でのシェアはYahooが優位ですが、一説によると、同じ上位表示でもアクセスは圧倒的にYahooが上であるという情報もあります。


“WEBサイトのリスク分散を図るならSEO以外の対策も” の詳細は »

ビジネスブログはSEO偏重の集客リスクの分散が可能

SEOはブログが有利という情報に衝撃を受けたのはもう数年前です。
特にブログだからどうとか言うのは、枝葉末節を論じていることなので、冷静に考えると無意味な情報ではありました。

しかし、ブログの普及スピードは驚くべきことで、こんなにも早く認知度が高くなるとは想像していなかった人も多いことでしょう。
無料ブログが主流だった頃にMovable Typeが彗星のごとく現れて人気となり、そしてWordpressなどのいわゆるCMSが台頭して、ビジネスにブログを活用することも一般的になりつつあります。


“ビジネスブログはSEO偏重の集客リスクの分散が可能” の詳細は »